シミ取り

炎症後色素沈着とは?シミができるメカニズムと対処方法を徹底解説

炎症後色素沈着とは?シミができるメカニズムと対処方法を徹底解説

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

ニキビや虫刺されの痕がなかなか消えない…。

という悩みを抱えていませんか?
もしかしたらその痕は「炎症後色素沈着」かもしれません。

炎症後色素沈着は悪化すると治りづらくなる場合もあるため、早めの治療や予防が大切です。

本記事では炎症後色素沈着がどんなシミなのかを解説したうえで、治療や予防の方法を紹介していきます。
早めの対処で炎症後色素沈着を防ぎましょう!

炎症後色素沈着とは?

炎症後色素沈着とは、ニキビや虫刺され、かぶれなどの炎症が色素沈着したシミです。
炎症が起こっていた場所が茶色っぽくなるのが特徴です。

基本的には時間経過とともに目立たなくなりますが、大きな傷の場合や加齢等により肌のターンオーバーが遅くなっている場合は長期にわたってシミが残る場合もあります。

他の種類のシミとの見分け方

以下に該当する炎症が起こった場所に現れるシミは、炎症後色素沈着である可能性が高いです。

  • ニキビ
  • 虫刺され
  • かぶれ
  • 湿疹
  • やけど

シミが発生する箇所は炎症が起こっていた場所と一致するため、他の種類のシミとの区別は比較的容易です。

炎症後色素沈着が発生するメカニズム

ニキビや虫刺されなどで炎症が起こると、メラニンと呼ばれる物質が生成されます。

このメラニンが排出されず、そのまま肌に残るのが炎症後色素沈着です

通常、炎症後色素沈着はターンオーバーで肌組織が入れ替われば、一緒に消えていきます。

炎症後色素沈着の治療方法

炎症後色素沈着は時間経過とともに目立たなくなりますが、場合によってはなかなか消えてくれないこともあります。
炎症後色素沈着を確実にキレイにしたい場合は、美容クリニックにて行える以下の治療方法も検討しましょう。

レーザートーニング

レーザートーニングとは、医療用のパワーが弱いレーザーを患部に照射する治療方法です。
メラニンの排出を促し、炎症後色素沈着を治療します。

レーザートーニングは他のレーザー治療と比べて刺激が少ないため、肌に優しいのが特徴です。
施術した日から洗顔や入浴もできるので、気軽に治療を受けることができます。

ハイドロキノンを含有する外用薬

ハイドロキンはメラニンの生成を抑える作用を持つ物質です。
炎症後色素沈着に限らず、多くのシミ治療に用いられています。

ハイドロキノンを含有する外用薬は、クリームタイプが一般的。
上記のレーザートーニングと併せるとなお効果的です。

トランサミンやシナールを含有する内服薬

トランサミンとシナールも、炎症後色素沈着に有効な物質です。

トランサミンはメラニンの生成を抑え、シナールは肌を綺麗に保つためのコラーゲンを生成します。

こちらもレーザートーニング、ハイドロキノンと併用で効果が上がります。美容クリニックに通院した際に相談してみましょう。

炎症後色素沈着の悪化予防

炎症後色素沈着の悪化予防

炎症後色素沈着はケアを行わないと、長期間シミが消えないこともあります。
シミを悪化させないためにも、以下のポイントに気をつけましょう。

炎症部を紫外線にさらさない

日焼けをするとメラニンが生成されるので、シミが消えにくくなる場合があります。

炎症後色素沈着がある場合は、なるべく紫外線は避けましょう。

日焼け止めクリームや日傘で紫外線対策をするのも有効です。

炎症部をゴシゴシこすらない

刺激を与えることで新たな炎症を起こすこともあるので、炎症後色素沈着には大敵です。

炎症が気になっても、洗顔やマッサージでゴシゴシ肌を擦るのは厳禁です。

洗顔時は洗顔フォームをよく泡立てて使う、マッサージの際は患部に触らないなどの注意をしましょう。

肌に合わない化粧品や美容液を使わない

肌に合わない化粧品や美容液は、炎症部を刺激して炎症後色素沈着を悪化させます。
炎症後色素沈着があるときに限りませんが、自分の肌に合った製品を使うことが大切です。

過去に肌荒れやかゆみが発生したことのある化粧品や使ったことのないは避けましょう。

また化粧品売り場においてパッチテストや肌診断を実施してもらったうえ、購入する製品を相談するのも有効です。

栄養摂取や規則正しい生活でターンオーバーを促進する

炎症後色素沈着を自力で完治させるためには、肌がターンオーバーするのを待つしかありません。

美容クリニックで治療するとしても、ターンオーバー促進のための栄養摂取や規則正しい生活が大切です。

食事については毎日3食、栄養バランスを考えて摂取するのが基本。
睡眠については毎日同じ時間に布団に入り、最低でも6時間程度は確保しましょう。

まとめ

原因や対処方法さえ分かっていれば、炎症後色素沈着で悩む必要はありません。

一度シミができてしまった場合でも、日頃のケアできれいに治すことができます。

どうしてもシミが消えない場合や、いち早く治したい場合は、美容クリニックへ。
お肌の悩みを解決して、前向きな毎日を過ごしましょう。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.