シミ取り

脂漏性角化症とは?シミができるメカニズムと対処方法を徹底解説

脂漏性角化症とは?シミができるメカニズムと対処方法を徹底解説

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

脂漏性角化症は加齢に伴ってできるイボ状のシミです。
高齢の人に多いシミですが、40歳前後でも発症することがあります。

これって脂漏性角化症なのかな?

イボが大きくなったら、もう治らないのかな?

と心配している人も多いのではないでしょうか。

本記事では、脂漏性角化症の特徴やメカニズム、治療法について解説していきます。
脂漏性角化症に対する不安がある人は、ぜひ参考にしてください。

脂漏性角化症とは?

脂漏性角化症は歳を重ねると発症しやすいイボ状のシミです。

色は黒色から褐色調で、大きさは直径数mmから2~3cm程度。
平坦ではなく、シミの部分がやや盛り上がっているのが特徴です。

高齢の人に多いシミですが、40歳前後の比較的若い年齢でできることもあります。
基本的には全身のどこにも現れますが、紫外線を浴びやすい顔や首回りは特に現れやすいです。

なお脂漏性角化症は良性のイボとして分類されており、悪化して人体に悪影響を及ぼすことはありません。

他の種類のシミとの見分け方

脂漏性角化症はイボのような盛り上が特徴のシミであるため、他のシミとの区別は盛り上がりの有無を確認しましょう。

ただし注意したいのが、癌の一種でもある悪性黒色腫(メラノーマ)との混同です。

悪性黒色腫も肌の表面にイボ状に現れるのが特徴。
もし悪性黒色腫である場合は、皮膚癌として進行していくため、早急な治療が求められます。

そのためイボ状のシミを見つけた際は「脂漏性角化症だから大丈夫!」と自己判断するのではなく、美容クリニックにて一度診察を受けておきましょう。

脂漏性角化症が発生するメカニズム

肌が長年紫外線にさらされ続けることが、脂漏性角化症の原因です。

紫外線は皮膚内の表皮基底細胞に遺伝子異常をもたらします。

遺伝子異常で表皮基底細胞が増殖し、皮膚表面から盛り上がってできたのが脂漏性角化症です。

脂漏性角化症の治療法

脂漏性角化症の治療法

まず前提として、脂漏性角化症は人体に悪影響を及ぼさず、人に伝染することもないので、放置しておいても特に問題はありません。
見た目を気にする場合のみ、脂漏性角化症の治療を行います。

脂漏性角化症の主な治療法は下記の3つです。

  • 炭酸ガスレーザー
  • 凍結療法
  • メスによる外科切除

内服薬や塗り薬で治療することはできず、イボ状に盛り上がった部分の物理的除去が必要です。
それぞれの治療法について詳しく解説していきます。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーとは、患部にレーザーを照射し、イボになった部分を焼灼させて除去する方法です。

除去効果は大きく、一回の通院で治療が終わるのが特徴。
レーザーを当てた部分は一時的な炎症を起こし、色素沈着しますが、数ヶ月経てばきれいになります。

ただし炭酸ガスレーザーは保険適用外であるため、治療費はやや高めです。
予算に余裕があり、手取り早く脂漏性角化症を治療したいときに選択しましょう。

関連記事
ふくらんでいるシミにおすすめ!炭酸ガスレーザーによるシミ取りとは
ふくらんでいるシミにおすすめ!炭酸ガスレーザーによるシミ取りとは

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。 シミ取り治療用のレーザーにはさまざまな種類がありますが、「炭酸ガスレーザー」というレーザーは聞いたことがあるでしょうか。 一般的に「シミ」と言われて思い浮か ...

続きを見る

凍結療法

凍結療法とは、患部に液体窒素をあて、イボになった部分を破壊する方法です。
液体窒素をあてたイボはカサブタ状になり、数日後に脱落します。

前述の炭酸ガスレーザーと比べて治療は簡易ですが、完治までには複数回の通院が必要です。
また治療後の色素沈着が綺麗になるまでには、半年以上の時間がかかります。

治療費に関しては、保険適用となるため炭酸ガスレーザーよりもだいぶ安いです。
なるべく安い予算で脂漏性角化症を治療したいときに選択しましょう。

メスによる外科切除

イボの部分を根元からメスで切り取り、傷を縫い合わせる方法もあります。
症状が進行し、肥大化したイボも切除できるのが特徴。

ただしメスによる外科切除は患者側の負担も大きいため、採用している美容クリニックが少ないのが現状です。

美容クリニックでの診察を受けたうえ、外科切除以外の方法では治療ができないと判断された場合に選択しましょう。

脂漏性角化症を悪化させないために、紫外線は避けるべき

脂漏性角化症は自力での治療はできませんが、紫外線を避ければ悪化は予防できます。

また若い頃に紫外線を浴び過ぎると、歳を重ねてから一気に症状が出やすくなるため、早めの紫外線対策が大切です。

とは言え紫外線は常に降り注いでいるので、100%の予防はできません。

少しでも紫外線によるダメージを減らすために、1年間を通して外出時は日焼け止めクリームを塗り忘れないようにしましょう。日差しが強い日は帽子や日傘を利用するのも有効です。

まとめ

脂漏性角化症は自力での完治が難しいものの、美容クリニックへの通院で治療ができます。

また美容クリニックにおける治療方法は複数存在するため、専門医と相談し、自分に合った方法を選択することが大切です。

「もうこのイボってなくならないのかな?」と不安を抱いている人も、まずは美容クリニックに足を運んでみましょう。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.