ワキガ・多汗症

自覚できないから心配!ワキガのセルフチェックをする方法とは?

自覚できないから心配!ワキガのセルフチェック方法

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

もしかしてワキガかもしれない……
ワキガだったらどうしよう…

そんな風に悩んだことがある人は少なくないでしょう。

よく「ワキガは自覚できない」と言われますが、確かに自分のニオイはいつも嗅いでいるため、もしワキガだったとしてもそのニオイに慣れてしまって、なかなか気づきにくそうですよね。

そこで今回はワキガを自覚するための方法をまとめてみました。
自分がワキガかもしれないと心配している人は、これを参考にワキガチェックをしてみてくださいね。

ワキガは自覚できる?

「自覚できない」とよく言われるワキガですが、本当にそうなのでしょうか。

確かにワキガのニオイについては、自分のニオイには鼻が慣れてしまうのでなかなか気づくことができません。

しかしワキガの症状はニオイだけではありません。
それらの症状を知っておけば、ニオイ以外の面でワキガかどうか判断することができるんです。

ですからワキガは自覚しようと思えば自覚できます。
ワキガを疑っていない人も、一度セルフチェックをしてみてはどうでしょうか。

ワキガをセルフチェック!こんな人はワキガかも

それでは具体的にどういう症状があればワキガの疑いがあるのかをご紹介していきます。

ここからご紹介する症状に1つでも当てはまればワキガを疑ってみてもいいかもしれません。

また2つ以上当てはまる場合は、ワキガである可能性が濃厚になります。

服のワキの部分が黄ばんでいる

ワキガの人は、服のワキの部分が黄ばんでしまいます。
ワキガの汗はアポクリン腺という汗腺から出てくるのですが、このアポクリン腺から出て来る汗は黄色いからです。

ワキガではない人でも服のワキ部分が黄色くなることはありますが、毎回服を洗っていれば黄ばみが残ることはないでしょう。
また一度の着用で黄色くなることは、ほとんどありません。

しかしワキガの人の場合、アポクリン腺から出てくる汗の量が多いため、一度の着用で服のワキ部分が黄色くなることも珍しくありません。

こんな症状がある場合は、ワキガの可能性が高いです。

耳垢が湿っていて茶色い

ワキガの人は耳垢が湿っています。
これはワキガだと耳の中にまでアポクリン腺が存在し、耳の中で汗をかいてしまうからです。

とはいえ、耳垢が湿っている=ワキガというわけではありません。

しかし、もしもその耳垢に濃い黄色や茶色っぽい色がついている場合は、ワキガである可能性が非常に高いのです。

これはアポクリン腺からの汗分泌により、耳垢の色が染まっているのだと考えられるからです。

ワキガかどうか気になっている人は、耳垢の状態もチェックしてみましょう。

ワキ汗をたくさんかく

ワキ汗を異常にかく人は、ワキガの可能性があります。

ワキの下には、アポクリン腺とエクリン腺という2つの汗腺が存在するため、元々他の場所にくらべて汗をかきやすい場所です。

汗腺が多ければ多いほど、汗をたくさんかきます。
そのため汗をたくさんかく人は、ワキガのニオイの元となっているアポクリン腺からの汗分泌も多いと考えられるのです。

ただし、エクリン腺からの汗分泌が多い場合もあるので、ワキ汗が多いだけではワキガだと断定はできません。

また他人と比べにくい場所でもあるので、本当に自分が平均よりも汗をかいているかどうかは、判断しづらいでしょう。
そのため他の症状と総合的にチェックすることが必要です。

家族にワキガの人がいる

実はワキガは遺伝しやすい体質です。
ですから、もしも家族にワキガがいる場合、それが遺伝してしまっている可能性があります。

確率的には両親のどちらかがワキガの場合は50%、どちらもワキガの場合は80%引き継いでしまうと言われています。

ですから両親のどちらかがワキガの場合、自分もワキガである可能性が高いのです。

必ずワキガだというわけではありませんが、ここまでご紹介した症状とも照らし合わせながらチェックしてみてください。

ワキガかもしれないと思ったら・・・

ワキガかもしれないと思ったら

上記のセルフチェックで、もしもワキガである可能性が高かった場合、すぐに治したいと思うのではないでしょうか。

ワキガは汗をかいたらすぐに拭いたり、こまめに服を着替えることである程度ニオイを軽減することができます。

しかしそうしたセルフケアで根本的な解決をすることはできません。

ですからワキガを治したいなら、ワキガ治療を行なっているクリニックに相談してみましょう。
ワキガ治療を行なっているクリニックはたくさんあります。
これはワキガ治療をしている人が多いことを表しているのです。

残念ながらワキガは治療の必要な病気だとは認められておらず、保険適用外で自費治療をしなければなりません。

しかし治療法は確立されており、医療費控除の対象になることもありますから、領収書をもらって保管しておくといいでしょう。

女性のワキガ対策に!おすすめデオドラント・制汗剤5選
女性のワキガ対策に!おすすめデオドラント・制汗剤5選

こんにちは。 ビューティウィンド編集部です。 最近、「スメハラ」という言葉がクローズアップされています。 「スメハラ」とは、スメルハラスメントの略語で、ニオイにより周囲の人に不快な思いを与えることを言 ...

続きを見る

まとめ

今回はワキガのセルフチェック方法をご紹介しましたが、ワキガの疑いがある人もいたのではないでしょうか。

症状が軽い人ならこまめなケアで十分かもしれませんが、ひどい人になると治療が必要だと感じるかもしれませんね。

ワキガ治療にはいくつかの方法がありますから、まずはクリニックに行ってどんな治療があるのかを聞いてみることをおすすめします。

-ワキガ・多汗症

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.