シミ取り

ニキビの色素沈着は治せる?治療方法とメイクのコツを解説

ニキビの色素沈着は治せる?治療方法とメイクのコツを解説

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

ニキビが出来てしまったあとは、色素沈着となって残ることも多いですよね。
特に多くのニキビが出来てしまった人は、色素沈着に悩んでいるのではないでしょうか。

そんな色素沈着、美容クリニックで治療ができるといいですよね。
そこで今回はニキビの色素沈着の治療と、色素沈着をカバーするメイクのコツについてまとめてみました。

ニキビの色素沈着に悩んでいる人は、これを読めば対策方法がわかるはずです。

ニキビの色素沈着を治療する方法とは?

まずはニキビの色素沈着を治療する方法からご紹介していきます。

色素沈着は美容クリニックで治療ができます。
ここでは大きくわけて3つの方法に絞り、ニキビの色素沈着に対してどのような治療が行われているかをご紹介します。

外用薬・内服薬

色素沈着を改善するためには、トランサミンやシナールといった美白効果のある内服薬や、ハイドロキノンなどの外用薬が用いられます。

どちらも肌を白くする効果があり、色素沈着の改善を促進します。

しかし外用薬や内服薬は即効性があるものではありませんし、外科治療に比べると効果は低めです。
そのため、色素沈着が薄いうちや、色素沈着を起こしそうな時に使うのが有効です。

また外用薬・内服薬ともに、他の治療方法と併用することもできます。
他の方法と併用する場合は、相乗効果で色素沈着の改善を早めることが期待できます。

光治療+ケミカルピーリング

光治療(フォトフェイシャル)とケミカルピーリングを組み合わせた治療方法も、色素沈着にはよく用いられます。
どちらか単体で施術を受けることもできますが、組み合わせることで高い効果が期待できるのです。

光治療はIPLという光を照射することで、メラニンにダメージを与える治療です。
色素沈着はメラニンが原因ですから、ダメージを与えることで症状が改善していきます。

ケミカルピーリングは専用のピーリング剤を肌に塗って、古い角質をはがす治療です。
これにより肌のターンオーバーが促進されるので、メラニンが排出されやすくなります。

どちらの方法も一度通っただけでは、すぐに症状は改善されず、何度か通わなければなりません。

また通院中に、光治療・ケミカルピーリングと併用して外用薬や内服薬を使うこともあります。

色素沈着が濃い場合は、これらの治療だけでは完全には消えない場合もあります。
しかし薄くすることはできるので、目立たない程度までに改善させることは可能です。

レーザートーニング

レーザートーニングは、シミ消しレーザー治療(スポット照射)でも使われるレーザーを、低出力にして照射する治療法です。
低出力なためシミ消しレーザーよりも肌への負担がなく、炎症や炎症後色素沈着を起こすリスクが低いのが特徴です。

ニキビの色素沈着もレーザートーニングで改善することができます。
出力が弱い分、一度だけで色素沈着が消えることは稀ですが、何度か通うことで色素沈着を薄くしていくことができます。

レーザートーニングも通院中に、外用薬・内服薬を併用可能です。
併用することで、高い治療効果が期待できるでしょう。

色素沈着を隠すためのメイクのコツを解説!

色素沈着を隠すためのメイクのコツを解説!

ここまでニキビの色素沈着の治療法についてご紹介しましたが、これらの治療で色素沈着が目立たなくなるまでには時間が必要です。

通院が終わるまでの間は、メイクで色素沈着を隠してしまいましょう。

色素沈着を隠すとなると、ファンデーションを厚塗りしたくなるかもしれませんが、これはNG。
厚塗りすると、見た目が良くありませんし、メイク崩れをしたときに汚くなりがちです。

色素沈着を隠すのにベストなコスメは、コンシーラー。
コンシーラーはシミなどを隠すためのアイテムなので、色素沈着を隠すのにもぴったりなんです。

しかしコンシーラーもつけすぎは厳禁。
色素沈着を隠すなら、綿棒でコンシーラーを取り、軽く色素沈着の上にポンポンと置くようにしてください。
コンシーラーと肌との境目は指でなじませると目立ちません。

ちなみにコンシーラーはパウダーファンデの場合はファンデの前、リキッド・クリームファンデならファンデの後につけるようにしましょう。

ニキビの再発や色素沈着の悪化を防ぐために・・・

ニキビの色素沈着は治療で改善することができるものの、ニキビを再発させてしまったり、色素沈着を悪化させてしまったりしては、治療を受ける意味もなくなってしまいます。

ですからニキビの再発や色素沈着の悪化をしっかり防げるように、日頃から気をつけましょう。

大前提として紫外線対策と保湿は必ず行ってください。
この2つはどんな肌トラブルに対しても効果のある予防法です。

また睡眠をしっかり取り、ストレスをためないことも大事。
質の良い睡眠はターンオーバーを促します。
またストレスを溜めると、ニキビができやすいと感じている人もいるでしょう。

日頃からこうしたことに気をつけて肌をいたわれば、ニキビができづらい肌・色素沈着が残りづらい肌を作り上げられるはずです。

まとめ

今回はニキビの色素沈着の治療法やメイクについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

クリニックでの治療については、色素沈着の状態を見てもらいながら、どんな治療が合っているかを医師に判断してもらうこともおすすめです。

メイクの工夫や再発・悪化防止法も行いながら、色素沈着を治していきましょう。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.