シミ取り

レーザートーニングってどんな治療?効果の出る症状や費用を解説

レーザートーニングってどんな治療?効果の出る症状や費用を解説

こんにちは。
ビューティウィンド編集部です。

シミやくすみの治療をしたい人は、「レーザートーニング」という治療法を聞いたことがあるのではないでしょうか。

従来、シミの治療というとレーザーのスポット照射や光治療(フォトフェイシャル)などが広く知られていましたが、最近ではレーザートーニングも人気のある治療のひとつとなっています。

しかしレーザートーニングがどんな治療かわからない人も、まだまだいるでしょう。

そこで今回はレーザートーニングがどんな治療で、どんな症状に効果があるのかをまとめてみました。
シミ治療に興味がある人は、ぜひこちらも参考にしてくださいね。

レーザートーニングとは?

レーザートーニングとは、シミ消しレーザー(スポット照射)でも使われるレーザーを使った治療法です。

出力を非常に弱くしたレーザーを肌に照射することで、肌に溜まったメラニンの排出を促します。

スポット照射のレーザー治療よりも出力がとても弱いため、肌への負担が軽いのが特徴です。
そのため施術後のダウンタイムもほとんどなく、痛みも少ないのです。

その代わり、即効性はありません。そのため一度の施術で終了とはならず、何度か通う必要があります。

レーザートーニングが効果的な症状

レーザートーニングは肌のさまざまな症状を改善しますが、くすみを改善し肌を明るくする効果があることが特徴です。
主に、以下の治療で使われています。

肝斑

特に注目すべきなのは、肝斑を改善する効果があることでしょう。

レーザーをスポット照射する治療は刺激が強すぎて肝斑を悪化させてしまうおそれがあるため、肝斑治療には用いられません。

しかしレーザートーニングなら、レーザーの出力が弱いため、肝斑を悪化させることなく改善することができるのです。

炎症後色素沈着

肝斑と同様の理由で、炎症後色素沈着の治療にもレーザートーニングが効果的だとされています。

またくすみの治療にも、レーザートーニングがよく用いられます。
これはレーザートーニングをすると、くすみが解消され、肌が明るくなるからです。

その他のシミ

そのほか、レーザートーニングは老人性色素斑やそばかすなどにも効果を発揮します。

ただし濃いシミについては、完全に消えない場合もあります。
その場合はレーザーのスポット照射を選ぶか、内服薬や外用薬を併用することで治療を行なうことも可能です。

レーザートーニングでの治療について

レーザートーニングでの治療について

肌への刺激が少なく、肝斑にも効果的であることから、レーザートーニングでの治療に興味を持つ人は多いはずです。

しかしどのくらい通院が必要なのか、そしてどのくらい費用が必要なのかで、治療法を選ぶ人もいるでしょう。

ここからは、レーザートーニングでの治療について、通院間隔や費用などを詳しくご説明していきます。

通院間隔

前述のとおり、レーザートーニングには即効性はないため、何度か通院して施術を受ける必要があります。

通院間隔や通院期間はクリニックやそれぞれの症状にもよります。

目安としては1~2週間おきに1回の通院が必要で、5回を1クールとしているクリニックが多いです。
症状の改善が十分ではない場合は、それ以上通院が必要になることもあります。

レーザートーニングの費用

レーザートーニングはスポット照射とは違い、比較的広範囲にレーザーを照射できます。
費用は頬だけか全顔かでわかれているところが多いです。

治療費用の相場は、下記のとおりとなっています。

治療費用の相場

両頬:10,000~12,000円

全顔:1万~3万円前後

5回セット:10万~12万円

10回セット:20万円前後

※初回限定価で5,000円前後の設定があるクリニックもあります。

※クリニックによっても使用機器によっても料金差があります。

レーザートーニングの効果を最大限に発揮するために

レーザートーニングは何度か通ううちに、徐々に効果を感じるものです。

しかしその効果を最大限に感じるためには、普段の生活の中でも気をつけなければならないことがあります。

それは紫外線対策と保湿です。

たとえレーザートーニングをしていても、普段から紫外線を浴びているとメラニンが蓄積されてしまい、新しくシミができたり、治療中のシミが悪化したりする可能性があります。

また肌が乾燥してしまうと、ダメージを受けやすくくすみができやすくなるのです。

ですから普段からしっかり紫外線対策と保湿を行い、肌をいたわりながら治療を続けていきましょう。
日々のケアを丁寧にするかどうかによって、レーザートーニングの効果は格段に変わります。

まとめ

今回はレーザートーニングについて詳しくご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

レーザートーニングは対応できる症状が多いのがメリットです。
また、肌への負担が少なくダウンタイムもほとんどないことも、魅力的ですよね。

レーザーのスポット照射が使えない場合も、レーザートーニングなら効果的なこともあり、レーザートーニングでの治療を受ける人も増えています。

初回だけ安価で試せるクリニックもありますから、興味がある人はまず1回だけでも施術を受けてみてはどうでしょうか。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.