ワキガ・多汗症

医療費控除が使える!ミラドライによるワキガ・多汗症治療

医療費控除が使える!ミラドライによるワキガ・多汗症治療

こんにちは。
ビューティウィンド編集部です。

ワキガ・多汗症治療に効果的なミラドライですが、費用面を心配している人も多いのではないでしょうか。

ミラドライの治療費は30万円を超えることもあり、かつ保険適用外なので、費用面を考えるとなかなか気軽には受けられません。

ミラドライの費用面を心配している人に知っておいて欲しいのが、医療費控除のシステムです。
医療費控除を利用すれば、ミラドライの治療費の負担は軽減されます。

本記事では、医療費控除の仕組みや申請方法について分かりやすく解説していきます。
これからミラドライを受ける多くの人に関係のある話なので、ぜひ参考にしてみてください。

医療費控除とは?

医療費控除とは、1年間の医療費の支払いが一定額を超えた場合、納税時に一部の金額が控除されるシステムのことです。

保険適用外の治療にも適用され、上手く利用することで高額な治療を受ける際の負担が軽減されます。

医療費控除が受けられる条件

医療費控除が受けられる条件は、その年の1/1〜12/31で支払った医療費の総額が10万円を超えていることです。

風邪で数回通院した程度では適用されず、年間を通じて何度も通院したり、高額な治療を受けたりしたときに適用されます。

なおここで言う10万円以上の条件は、個人だけでなく、家族全員の医療費の総額で計算します。

医療費控除の限度額

医療費控除の限度額は、年間で200万円です。

200万円を超える分の医療費に対しては適用されません。
例えば年間を通じて250万円の医療費を支払った場合、適用されるのは200万円のみで、残りの50万円は全て自腹となります。

なお前述の通り、医療費控除はその年の1/1〜12/31で支払った医療費で計算し、年をまたぐとリセットされます。
そのため何度も繰り返し高額な治療を受ける場合は、年をまたいで治療を受けるのも有効な手段です。

ミラドライによる治療には医療費控除が使える

ミラドライは保険対象外の治療ですが、医療費控除は適用可能です。

ミラドライは手軽な治療であるものの、金額については決して安くなく、ほとんどの場合1回の治療で10万円を超えます。

積極的に医療費控除を利用して、経済的な負担を減らしましょう。

医療費控除の申請方法

医療費控除の申請方法は、会社員の人と自営業の人でそれぞれ異なります。

以下では、それぞれの場合における医療費控除の申請方法について解説していきます。

会社員の場合

会社員の場合、年末調整のタイミングで医療費控除の申請をします。

年間を通じて支払った医療費を会社に報告すると、会社側で手続きを行ってくれます。
一般的には領収書を提出することが多いですが、会社によって提出を求められる書類は異なるため、事前に確認しておきましょう。

医療費控除によって控除された税金分は、還付金として給与口座に振り込まれます。

年末調整は12/31が締め日なので、振り込みのタイミングとしては年明けの数ヶ月後です。

自営業の場合

自営業の場合は確定申告のタイミングで、自分で医療費を申告します。
医療費控除を申請することで、翌年の税金が少なくなるという仕組みです。

申請の方法としては、「医療費控除の明細書」を確定申告の際に提出します。
「医療費控除の明細書」は国税庁のホームページにフォーマットが掲載されています。

なお領収書については、2017年以降は提出不要となりました。
ただし自宅において5年間保管しておくことが義務付けられているので、治療時に確実に受け取り、確定申告の書類と一緒に保管しておきましょう。

医療費控除を受ける際の注意点

医療費控除を受ける際の注意点

医療費控除の申請はそれほど難しい作業ではありませんが、申請しようとしている人は下記の点に注意しておきましょう。

領収書は必ずもらっておく

医療費控除の申請方法は会社員と自営業でそれぞれ異なりますが、いずれの場合も領収書が必要です。

病院やクリニックの窓口で領収書が欲しい旨を伝え、なくさないように大切に保管しておきましょう。

治療費を前払いした場合は、支払いをした年が対象となる

複数回通院が必要な治療の場合、費用を前払いすると、医療費控除の対象となるのは前払いをしたその年です。

例えば2019年末に医療費を前払いし、2020年以降も治療を受け続けていたとしても、医療費控除が申請できるのは2019年のみとなります。

ミラドライは1回の施術で治療が完了することが多いですが、念のため頭に入れておきましょう。

まとめ

記事の中でも紹介したように、ミラドライの医療費が10万円を超えた場合は、医療費控除の申請で経済的負担を減らすことができます。

ただし上限は200万円までなので、他の治療と並行して受ける場合は注意が必要です。

医療費控除のシステムを積極的に利用して、ワキガや多汗症をより手軽に治療しましょう。

-ワキガ・多汗症

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.