シミ取り

シミ・そばかすがあっても顔脱毛は可能?注意点を解説

シミ・そばかすがあっても顔脱毛は可能?注意点を解説

こんにちは。
ビューティウィンド編集部です。

顔脱毛をすると、顔のムダ毛がなくなり、毛穴も引き締まるため、「美肌」になると言われています。
しかし、敏感な顔にレーザー(光)を照射するため、

シミ・そばかすがあっても脱毛できる?

シミ・そばかすが濃くなることはない?

など、不安も多いことでしょう。
そこで今回は、シミ・そばかすがあっても顔脱毛は可能なのかどうかを詳しく解説いたします。

顔脱毛でシミ・そばかすが消える?

ネットで検索していると、「顔脱毛でシミ・そばかすが消えた(薄くなった)」という体験談と、「顔脱毛でシミ・そばかすが増えた(濃くなった)」という体験談、どちらも出てきます。

実はこれ、どちらも本当なのです。

顔脱毛をする(レーザーをあてる)ことで、シミ・そばかすが薄くなる可能性もありますが、逆に濃くなる可能性もあります。

顔脱毛でシミ・そばかすが増える(濃くなる)原因

顔脱毛でシミ・そばかすが増える・濃くなる原因には、

  • 肌のターンオーバーの活性化
  • 脱毛後のケア不足
  • レーザーNGのシミへの照射

などの可能性があります。

肌のターンオーバーの活性化

脱毛施術を受けることで、肌のターンオーバーが促進され、肌の奥にあったシミが表面に浮き出てくることがあります。
そのまま排出されていきますので、大きな心配はいりません。

脱毛後のケア不足

脱毛はレーザー(光)を肌にあてるため、少なからず肌にダメージを与えます。
そのため、脱毛後の肌ケア(保湿・紫外線予防)がとても重要。
お手入れ不足だと、肌荒れやシミができる原因となります。

レーザーNGのシミへの照射

肝斑などシミの種類によっては、レーザー(光)を当てることで濃くなる場合があります。
医師が判断するので可能性は低いのですが、ごくまれにあるトラブルです。

顔脱毛でシミ・そばかすが消える(薄くなる)理由

顔脱毛でシミ・そばかすが消える・薄くなる理由には、

  • 肌のターンオーバーの活性化
  • レーザー(光)の美肌効果

があります。

肌のターンオーバーで皮膚の奥のシミが浮き出てくることもありますが、皮膚表面のシミが排出されるとシミは薄くなります。
また、レーザー(光)の副次的な効果として、美肌効果が得られることもあります。

とはいえ、脱毛することが目的のレーザー出力設定のため、シミ・そばかすが薄くなる効果を狙った治療とは異なります。
そのため、シミ・そばかすを薄くする効果を狙って顔脱毛をするのは、おすすめしません。

シミ・そばかすがあっても顔脱毛は可能?

シミ・そばかすがあっても顔脱毛は可能?

シミと一口に言っても、その種類は様々です。

  • 老人性色素斑
  • 雀卵斑
  • 肝斑
  • 炎症後色素沈着

他にも種類はありますが、女性に多いのはこの4種類です。
シミの種類や状態によって、あるは脱毛方法によって脱毛可能かどうかが異なります。

同じ医療レーザー脱毛でも、メラニンに反応させるタイプではない医療SHR脱毛なら濃いシミがあっても照射できることがありますよ。

老人性色素斑(一般的なシミ)

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)とは、いわゆる一般的なシミのことで、紫外線によるダメージが原因です。

メラニンに反応するタイプの脱毛方法の場は、濃いシミに照射するとヤケドのリスクがあるためその部分のみ照射を避けることが多いです。
また、薄いシミでも皮膚が盛り上がっている場合は照射を避けることが多いです。

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑(じゃくらんはん)とは、いわゆる「そばかす」のことで、遺伝性のものですが、紫外線ダメージで色が濃く出る場合もあります。
そばかすも、薄いものであれば照射可能ですが、濃い部分はメラニンに反応するタイプの脱毛は照射を避けることが多いです。

肝斑

肝斑(かんぱん)は、左右対称にできるシミで、ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。

肝斑がある場合は、レーザー(光)脱毛はできません。肝斑は、一般的なシミやそばかすよりも広範囲に広がりやすく、弱い刺激にもメラノサイトが反応してメラニンができてしまう状態のため、レーザーはもちろん、紫外線や摩擦などの外部刺激で悪化するためです。

まずは、肝斑の治療を優先させましょう。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は、炎症(ケガ・ニキビなど)の痕が残ってできたシミのことです。
炎症後色素沈着にレーザー照射すると悪化するリスクがあるため、こちらも濃い部分は照射を避けることが多いです。

自己判断は禁物!

シミ・そばかすがあっても、基本的には脱毛可能な場合が多いです。
しかし場合によっては、シミの治療を優先させる方がよい場合もあります。

先ほど紹介したシミ以外にも「後天性真皮メラノサイトーシス」、「脂漏性角化症」…などシミにはたくさんの種類がありますし、同じ「老人性色素斑」でも、濃さ・大きさ・数・範囲は人によって異なります。

素人判断で後悔するよりも、まずは、医師にしっかり診断してもらいましょう。
クリニックは相談だけでも受け付けていますし、ムリな勧誘はありませんよ。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.