ワキガ・多汗症

気になる症状を抑えたい!多汗症は外用薬で治せる?

気になる症状を抑えたい!多汗症は外用薬で治せる?

こんにちは。
ビューティウィンド編集部です。

多汗症で悩んでいる人の中には、

手術は怖いしお金がかかるから避けたい
可能であれば、外用薬だけで手軽に治療したい

という人も多いのではないでしょうか。
たしかに外用薬で多汗症が治るなら、積極的に選択したいですよね。

そこで本記事では、多汗症治療における外用薬の効果や種類について解説します。
外用薬で多汗症を治したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

多汗症は外用薬で一時的に抑えられる

多汗症の外用薬は存在しますが、外用薬では多汗症を根本治療できません。

効果が切れると元のように汗が出ますが、数日間〜数週間は効果が持続しますし、反復使用すれば継続して汗を抑えることができます。

多汗症治療で処方される外用薬の種類

多汗症治療においては、塩化アルミニウム溶液を含む外用薬が処方されるのが一般的です。

塩化アルミニウムには汗腺を閉鎖させる働きがあるため、過剰な発汗を抑える効果があります。

外用薬は液状であり、患部に塗り込むように使います。
ベタつきはなく、サラサラしているため、ストレスなく使えるのが特徴です。

なお塩化アルミニウム溶液を含む外用薬は、副作用の心配はほとんどありません。
体質を気にせず、どんな人でも使えるのも魅力です。

重度の多汗症でなければ、市販の制汗剤という選択肢も

重度の多汗症でなければ、市販の制汗剤という選択肢も

病院やクリニックに行くほどの重度な多汗症でなければ、市販の制汗剤を使ってもいいでしょう。

制汗成分が含まれる製品であれば、一時的に汗を抑えてくれます。

病院やクリニックで処方される外用薬ほどの効果はなく、また根本治療にはつながりませんが、気軽に汗を抑えたいなら使ってみる価値ありです。

関連記事
脇汗を止めたい!女性におすすすめの制汗剤・対策グッズ5選
脇汗を止めたい!女性におすすすめの制汗剤・対策グッズ5選

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。 脇汗に悩む女性はとても多いですよね。 汗染みができやすく目立ちやすいため、悩みの種になってしまう人も少なくないでしょう。 そんな脇汗をどうにかして止めたい、 ...

続きを見る

外用薬以外なら多汗症を根本治療も可能

前述の通り、外用薬で多汗症は根本治療できません。
外用薬を使い続けるのは手間もお金もかかるので、多汗症に悩まされているなら根本治療を検討してもいいでしょう。

汗腺を切除する外科手術もありますが、近年は傷が残らないミラドライやビューホットが人気です。

ミラドライ

ミラドライは患部にマイクロ波を照射する治療方法です。
多汗症の原因である「エクリン汗腺」を破壊するため、症状が再発する心配がありません。

ダウンタイムも少なく、すぐに日常生活に戻れます。
ワキの多汗症向けの治療です。

ビューホット

36本の針ついたカートリッジを患部にあてて高周波を流し、汗腺を破壊する方法です。
こちらもダウンタイムが少なく、すぐに日常生活に戻れます。

ミラドライのほうが広範囲の汗腺を破壊できますが、ビューホットはミラドライを使えない手足の多汗症にも使える治療です。

まとめ

多汗症の外用薬は根本治療にこそつながりませんが、軽度の多汗症であれば十分にその効果を発揮してくれます。

「汗が気になるけど、病院やクリニックで本格的な治療をするほどではない」という人にも向いていますね。

手軽に多汗症の症状を抑えたい人は、外用薬での治療を試してみましょう。

-ワキガ・多汗症

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.