脱毛

うなじ脱毛の前に知っておきたい!うなじの基本形4種を解説

うなじ脱毛の前に知っておきたい!うなじの基本形4種を解説

こんにちは。
ビューティウィンド編集部です。

うなじを脱毛するなら、まず先に決めておかなければならないのが「うなじの形」です。

すべての毛を脱毛するワキや腕のムダ毛とは異なり、うなじはデザインを選べるからです。
もちろん、うなじのムダ毛(産毛)だけ脱毛することも可能ですが、生え際の形で印象はガラリと変わります!

髪をアップにしたときや、着物やドレスを着用したときは、うなじの形で首の長さや細さの見え方が異なるため、全体のバランスにも影響があるのです。

そこで、うなじを脱毛する前に知っておきたい「うなじの形」と、その印象の違いについて詳しく解説いたします。

うなじの基本形4種

うなじの基本形4種

うなじは髪型と同じく、好きな形に整えることができますが、ここではまず基本的な4つのデザインについてまとめました。

W型(アーチ型)

日本人女性に多い形です。

そのため、元の形をあまり変えたくない方や、かわいらしさ・ナチュラルな印象を好む方にオススメです。

子どもの頃はW型だった人も大人になると次に紹介するMW型になる方が多いため、キレイなW型に整えすぎてしまうと、子どもっぽい印象となります。

MW型(一番人気のデザイン)

W型の山が一つ多い(ジグザグ部分が真ん中に1つ多い)形です。

W型と同じく日本人女性に多い形ですが、W型よりも大人っぽい印象に仕上がります。

おくれ毛を出しやすく、首が細く・長く・美しく見えるため、日本髪を結う方はMW型に整えることが多く「色気があるうなじ」として舞妓さんにも人気です。

U型

すっきりしたU型は、かわいらしくやわらかい印象となります。
ただ、人によっては(頭の形、首のラインによっては)すっきりしすぎて子どもっぽくなることもあります。

直線型

まっすぐに襟足をそろえる直線型は、ボーイッシュな印象となります。
ただ、人を選ぶデザインで、あまりにパッツンとしすぎると不自然に見えることもあります。

注意点

うなじの形によって印象がずいぶん異なります。

  • 色気がある、大人っぽいうなじ:MW型
  • かわいい、やわらかい雰囲気:W型、U型
  • ボーイッシュなスッキリしたうなじ:直線型
  • 個性を出したい方は好きなライン(波型やナナメなど)

また、着物やドレスだけでなく、背中が開いた服が多い方は、MW型やW型に整えることで首が長く見え、頭が小さく見える効果もあります。

ボーイッシュな服装が好きだけど、大人っぽさも残したい方は、直線型に整えなくても、MW型に整え、ふとしたときに見せる色気というギャップを狙うのもありですよ。

整えすぎると不自然

生えっぱなしのうなじより、ある程度整えたうなじの方が美しく、そして清潔に見えます。

しかし、整えすぎると造られた「ニセモノ感」が漂ってしまいます。

うなじは好きなデザインを選ぶこともできますが、その人の頭の形や首のライン、元々生えている毛の形に合わせた自然なデザインを選ぶのが失敗しないコツです。

まずはシェービングで確かめてみよう

似合うデザインを探すためにも、いきなり脱毛ではなく、まずは「うなじシェービングサロン」を利用してみましょう。

うなじ専門のサロンは全国にたくさんありますし、シェービングだけでしたら理容室でもできます(理容師資格が必要なので、美容師資格しかない美容院ではできません)。

シェービングであれば、しばらくすると毛が生えてくるので、色々なデザインに挑戦することができますよ。

気に入ったデザインが見つかってから、その形に脱毛をすると失敗も少なくオススメです。
その際、写真を撮っておくと脱毛時に希望を伝えやすいですよ。

まとめ

意外と見られている「うなじ」。

うなじは、シェービングをすれば好きなデザインにできますし、髪の毛も脱毛するような大胆すぎるデザインでなければ脱毛で整えることができます。

しかし、脱毛が完了した部分は元通りにはなりません。

そのため、まずは自分の好きなデザインが自分に似合うかどうか、どの程度形を整えると自分の思った通りの印象になるのかを見極めてから脱毛をするのがおすすめです。

-脱毛

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.