シミ取り

肝斑にレーザー(スポット照射)はNG!肝斑の見分け方とベストなシミ取り方法

肝斑にレーザーはNG!肝斑の見分け方とベストなシミ消し方法を解説

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

「肝斑(かんぱん)」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし肝斑が何かというと、「よくわからない…」という人も多いかもしれませんね。

しかしシミでお悩みの方は、肝斑が何かを知っておくことをおすすめします。なぜなら普通のシミ(老人性色素斑)だと思っていたら、実は肝斑だった…ということは、よくあるからです。
そして肝斑は一般的なシミ(老人性色素斑)とは違い、レーザーによるスポット照射がNGという違いがあります。

そこで今回は肝斑について、一般的なシミとの違いや見分け方から、その治療法までをご説明していきます。

肝斑ってなに?一般的なシミとの違いとは?

まずは肝斑とはどういうシミなのか、というところからご説明します。

一般的に「シミ」という場合、「老人性色素斑」という加齢や紫外線の影響でできるシミを指します。しかし厳密には「シミ」とは肌にできる色素沈着の総称なので、肝斑もシミの一種といえます。

肝斑の見た目の特徴

肝斑は両頬に左右対称にできるという大きな特徴があります。色は薄茶色から黒っぽい茶色で、濃さは人によりまちまちです。
頬に広がるようにできるため大きめですが、その広がり方にも個人差があります。

老人性色素斑との見た目の違い

肝斑とは違い、老人性色素斑は小さいものから大きいものまでサイズはランダム。またその現れ方にも、肝斑のようなはっきりとした特徴はありません。
ただし色の特徴が肝斑とほとんど同じであることや、肝斑のように現れる老人性色素斑もあるため、肝斑と間違われることもあります。

肝斑ができる原因

肝斑の原因は、ホルモンバランスの乱れにより「わずかな刺激に対してもメラノサイトが反応してメラニンを作りやすい状態となってしまう」ことだと想定されています。そのため肝斑ができるのは、30代後半から50代の女性に集中しており、閉経後は消えることが多いです。
但し、好発年齢でなくても、妊娠やピル服用の影響でホルモンバランスが崩れて肝斑ができる可能性はあります。また、ストレスによるホルモンバランスの乱れが原因になることもあります。

老人性色素斑との原因の違い

老人性色素斑は加齢による肌の機能の衰えや紫外線の影響でできるシミです。そのため根本的にこの2つは、発生原因が異なるのです。
とはいえ肝斑も紫外線ダメージを受けるとシミが濃くなってしまうので、紫外線対策は必須となります。

肝斑と一般的なシミ(老人性色素斑)の見分け方

上記でご説明したとおり、肝斑と老人性色素斑は見た目も原因も異なります。
肝斑には「両頬に左右対称に広がる」という明確な特徴があるため、簡単に見分けられることも少なくありません。

しかし、老人性色素斑が肝斑のように広がることもあれば、肝斑が老人性色素斑に見えてしまうこともあります。この2つは色も似ているため、そうなると一気に見分けづらくなり、美容クリニックの医師でも間違えてしまうことがあるほどです。

ですから自分で「肝斑だ」「老人性色素斑だ」と決めつけるのはNG!最終的な判断は、必ずクリニックの医師におまかせするようにしましょう。

肝斑と老人性色素斑はしっかり見分けて治療することが大事!

肝斑と老人性色素斑は原因も性質も異なるタイプのシミです。そのためその治療法も異なります。
間違えやすい2つのシミですが、必ずしっかり見分けて治療することが大事です。

前述のように医師でも見間違えてしまうことがあるため、クリニックでの診断に不安を感じたら、必ず再度診断してもらうか、他のクリニックでも診断してもらうようにしましょう。

肝斑の治療法

肝斑の治療の3本柱は、

  • 出力の弱いレーザーでメラニンを破壊していく「レーザートーニング」
  • 色素沈着を抑制する効果のあるトラネキサム酸を中心とした美白内服
  • 肌をこすらないこと・紫外線刺激を避けるといった生活習慣の注意

です。

トラネキサム酸による治療効果には即効性はないため、服用後すぐに肝斑が消えることはありません。しかし4〜5週間も経つと、その効果をはっきりと感じる人がほとんどです。
また、肝斑の状態により美白効果のある内服薬や外用剤が処方されることもあります。たとえばビタミンCやハイドロキノンなどが、よく処方されています。

【要注意】肝斑にレーザーのスポット照射はNG

肝斑と老人性色素斑をしっかり見分ける必要があるのは、この2つのシミの治療法が異なるためです。しかもただ「異なる」というだけではありません。老人性色素斑に有効な治療法で即効性もあるレーザーによるスポット照射が、肝斑にはNGなのです。

肝斑は刺激により悪化しやすいシミなので、スポット照射のような強い刺激を受けると高確率で悪化してしまいます。
せっかくシミ取り治療に行ったのに、シミが濃くなってしまったら悲しくなってしまいますよね。出力の弱いレーザートーニングは有効ですので、肝斑なのか老人性色素斑なのかをはっきりさせることがとても重要なのです。

まとめ

今回は肝斑について見分け方や治療法をご紹介しましたが、ご自分のシミはどちらだと思われたでしょうか。両頬にほぼ同じ形状のシミが広がっているなら、それは肝斑かもしれません。

ご説明したとおり、肝斑はその発生原因も治療法も、老人性色素斑とは全く異なります。自己判断でシミ取りの美顔器を使ったりトラネキサム酸を飲み始めたりせず、まずはクリニックで診断してもらいましょう。

どちらも治療法が確立されているシミですので、安心・安全な治療の選択は難しくありませんよ。

-シミ取り
-

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.