シミ取り

ハイドロキノンなら自宅でシミ取り可能?その効果と再発リスクを解説

ハイドロキノンなら自宅でシミ消し可能?

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

シミでお悩みの方は、「ハイドロキノン」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。これはシミ取りに効果があると言われている成分ですが、処方薬だけでなく市販でも販売されています。手軽に手に入るため、「これだけで本当にシミが消えればいいのに……」と思う方は多いはず。

今回はハイドロキノンの効果の仕組みと再発リスクについてまとめてみました。

 

ハイドロキノンがシミに効く理由とは?

 

まずはハイドロキノンの働きについてご説明しましょう。

結論から言うと、ハイドロキノンには「メラニンの生成を抑制する効果」と「メラニンを減少させる効果」があります。

 

メラニンは、シミとして現れている色素のことです。そのメラニンを減少させる効果があるということは、漂白剤のようにシミを薄くする効果に期待できるということです。またハイドロキノンはメラニンの生成を抑制すると働きもあることから、シミ予防にも効果があります。

ハイドロキノンが「肌の漂白剤」と言われるのは、この2つの効果に由来しています。

 

ハイドロキノンは美容クリニックでも処方されている!

 

ハイドロキノンか、美容クリニックでのシミ取りか。その二択で考えている人も多いかもしれませんが、実はハイドロキノンは、レーザーによるシミ治療後によく処方されています。レーザーの刺激で一時的に肌が弱くなっている間はシミが再発しやすいため、ハイドロキノンで予防するのです。

このことからも、ハイドロキノンにはシミに対してきちんと効果があることがわかるでしょう。

 

ちなみにレーザーによるスポット照射は肝斑にはNGですが、ハイドロキノンは肝斑にも効果があるため、肝斑の治療として処方されることもあります。

 

ハイドロキノンで本当にシミは消える?

ハイドロキノンなら自宅でシミ取り可能?

ハイドロキノン自体にメラニン生成を抑制したり、減少させたりする効果があるのは事実。ですが、「シミが薄くなった!」「シミが消えた!」と実感できるほどの効果はあるのでしょうか。その効果の強さについて、もう少し掘り下げてみましょう。

 

即効性はなく、続けることで徐々に効果が現れる

残念ながら、すでにできてしまったシミをまたたく間に消せるほどの即効性はありません。今日ハイドロキノンを塗って、明日にはシミが薄くなっている、というものではないのです。

特に市販されている化粧品は、ハイドロキノンの配合率(濃度)が低いため、効果もより緩やかです。使用を続けることで、長い期間をかけて徐々に効果が現れていきます。

 

一方、病院やクリニックで処方されるハイドロキノンは、市販の化粧品より配合率が高めです。とはいえそれでもすぐに効くわけではなく、数ヶ月でシミが薄くなったことを実感できるようになり、完全に消えるまでには数年かかるかもしれません。

※薄くなる・消えるまでの所要時間はシミの濃さにもよります。

 

濃いシミには効果が出づらい

シミに対して高い効果を発揮するハイドロキノンですが、残念ながら濃いシミには効果が出づらいです。濃いシミで薄くできることはあっても、完全に消すことは難しいでしょう。

 

ハイドロキノンの配合率は高ければ高いほどいい?

「市販のハイドロキノンは意味なし!病院やクリニックで強力なハイドロキノンを処方してもらえばいい!」と思うかもしれません。しかしハイドロキノンは肌への負担が強いため、配合率が高ければ良いとは一概には言い切れないのが難しいところです。

高濃度のハイドロキノンを肌が弱い人が使うと赤み・炎症などの副作用が起きてしまうことがあります。赤みや炎症はシミの原因にもなりますので、つまり逆効果になってしまうリスクがあるのです。

肌への影響がない範囲での最も高い配合率がベストなので、最適なハイドロキノンがどれかには個人差があります。

 

ハイドロキノンで薄くしても、シミは再発する?

「たしかにいったんシミは薄くなったけれど、また濃くなってしまった」

ハイドロキノンには、そんな再発のクチコミが少なくありません。

 

しかしこれは、「ハイドロキノンの効果が一過性である」ということではありません。

ハイドロキノンで薄くなったり消えたりしたように見えるシミでも、完全にその部分のメラニンがなくなったわけではありません。しかも、先述したようにハイドロキノンは肌に負担をかける成分でもあります。

もし、その部分のスキンケアを怠ってしまったら……?再びシミが濃くなるだろうことは、おわかりですよね。

ハイドロキノン使用中も、シミが薄くなって使用を止めたあとも、スキンケアは徹底し続けましょう。特に紫外線対策は通年で必須です。

 

まとめ

ハイドロキノンのシミ取り効果は、それ以外の美白成分に比べるとかなりパワフルです。薄いシミなら本当に消えてしまうほどですから、その効果は確かだと言えるでしょう。

とはいえ、レーザー治療に行こうかどうか悩むレベルのシミを完全に消すのが難しいのも事実。またハイドロキノンの化粧品は高価なので、必ずしも「自宅ケアのほうが安い」とも言い切れません。ハイドロキノンを長期間続けるのか、美容クリニックにシミ取り治療に行くのか、所要時間や費用の総額を比較検討してみてください。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.