シミ取り

ケミカルピーリングでシミ取りできる?レーザーとの比較で解説!

ケミカルピーリングでシミ消しできる?レーザーとの比較で解説!

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。
シミ治療というと、レーザーによるシミ取りをイメージする方が多いかと思います。
しかし、シミに対する治療には実はほかにもさまざまな方法があり、シミの種類や状態によってはレーザー以外が適していることもあります。

その方法の1つとして挙げられるのが「ケミカルピーリング(Chemical Peeling)」。
日本語に直訳すると「化学的な皮剥き」となり、なんだか肌への刺激が強そうなイメージもありますが、どういう治療なのかきちんと知らない方も多いでしょう。

そこで今回は「ケミカルピーリングでのシミ取りってどういうこと?」という疑問をお持ちの方のために、その目的や効果についてまとめました。

ケミカルピーリングって何?

まずはケミカルピーリングとは何か、そのメカニズムや効果についてご説明します。

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、その名のとおり肌に化学薬品を塗ることによって、皮膚を剥がす治療のことです。
そう聞くとなんだか怖いですが、剥がされるのはすでに不要になっている古い皮膚。またケミカルピーリングに使うピーリング剤は「化学薬品」と言っても、フルーツ酸の一種であるグリコール酸などで肌に悪いものではありません。

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングによって古い皮膚を取り除くことで肌のターンオーバー(新陳代謝)が整い、毛穴の詰まりや毛穴の開きなどが解消されます。化粧水や美容液も浸透しやすくなるため、それらの効果もより高まることが期待できます。

ピーリング作用のある市販の化粧品類と重なる部分はありますが、クリニックでのケミカルピーリングはニキビやニキビ跡、シワ、肌のくすみの解消など肌のあらゆるトラブルに高い効果を発揮するのが特長です。

レーザー治療や光治療とは違うの?

クリニックでのシミ取り治療では、レーザー治療や光治療がよく知られています。

  • レーザー治療:レーザー照射することによりシミを消す即効性のある治療
  • 光治療:顔全体に光を当てることでシミや肌のくすみを徐々に改善していく治療

ケミカルピーリングは機械を使わないので、治療の方法がまず全く違います。

レーザー治療との違い

レーザー治療はメラニンを破壊して白くする方法なので、ケミカルピーリングとは原理も目的が違うと言っていいでしょう。

光治療との違い

広範囲の肌を対象にターンオーバーを促進するという意味では、フォトフェイシャルなどの光治療に似ています。
ですが光治療が皮膚にある細胞に働きかけるのに対し、ケミカルピーリングは古い皮膚を剥がす治療なので、アプローチが大きく異なります。

ケミカルピーリングのシミに対する効果

ケミカルピーリングでシミ取りできる?レーザーとの比較で解説!

ケミカルピーリングがさまざまな肌トラブルを改善させるというのは、前述のとおりです。
ではシミに対しては具体的にどの程度効果があるのでしょうか。

メラニンの排出を促進する作用がある

シミの原因であるメラニンは、紫外線の影響で発生します。もしもターンオーバーが正常なら、メラニンは時間とともに排出されるはずです。しかしターンオーバーが乱れると、メラニンが皮膚の奥にたまってしまいシミとなるのです。

ケミカルピーリングには、古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを整えるという作用があります。この作用がメラニンの正常な排出を促進し、シミを改善したり予防したりすることにつながるのです。

即効性の面では劣る

肌のターンオーバーを促すことで皮膚に溜まっていくメラニンを排出していく……
つまりケミカルピーリングでは、メラニンを破壊してしまうレーザーのような強力かつ即効性のあるシミ取りはできません。
古い皮膚を剥がすだけでシミが消えるなんて、さすがにあり得ないことですよね。

そもそもケミカルピーリングは何度か繰り返すことで、肌トラブルを改善していく治療。
治療直後に肌の調子が変わったことを実感できることは多いですが、一度の治療ですべての肌トラブルが改善するわけではありません。

古いシミ、濃いシミには効果が弱い

できてから長い時間が経っているシミや、濃いシミはターンオーバーを繰り返したからと言って簡単に消えるものではありません。何年経っても消えない傷跡があるのと同じことです。
そのような頑固なシミは、ケミカルピーリングだけで消すのは難しいと言わざると得ません。

ケミカルピーリングはこんな方にオススメ!

ケミカルピーリングと光治療は目的が似ていますが、レーザー治療は根本的に違います。
シミ取り治療にどちらを選ぶかは、シミの状態によって向き・不向きがあります。

ケミカルピーリングは、以下のような人にオススメの治療です。

  • シミ以外の肌トラブルにも悩まされている
  • 顔全体に薄めのシミやそばかすが広がっている
  • レーザー治療後にかさぶたが目立つのは困る
  • シミを改善しつつ肌を若く保ちたい

これにあてはまる人なら、ケミカルピーリングに向いています。

まとめ

ケミカルピーリングは、シミが薄めで広範囲な場合に有効です。顔だけでなく、背中のシミが気になっている場合にも検討してみる価値があります。
目的の似ている光治療と併用するとより効果がより高まりますが、ケミカルピーリングが1回3000~5000円、光治療が1回1~2万円くらいですので、シミの状況や予算を踏まえて判断してください。

また、シミ治療はクリニックとの二人三脚になります。最善の治療計画を立てるために、まずはどんな肌になりたいのかを正直に話してみましょう。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.