シミ取り

エステサロンでシミ取り?リラクゼーション効果で一石二鳥な面もあり

エステサロンでシミ取り?リラクゼーション効果で一石二鳥な面もあり

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

昔はなかったはずのシミを見つけたときのショック、大きいですよね。
シミを消して美肌を取り戻したい!と思う気持ちは切実です。

さて、シミ取りの方法にはいろいろな種類がありますが、とにかく早く始めることが肝心。
シミが濃く大きくなってしまうと、確実に消すのがどんどん難しくなってしまうからです。
また、シミがごく薄い場合は一般的に効果の高いレーザー治療でないほうがいいこともあります。

今回は、シミ取りの方法のひとつである、エステサロンでの施術を中心に説明します。

シミ取りの方法には、種類がある

ひとことでシミと言っても、紫外線・ホルモンバランス・ケガ・皮膚疾患など原因はさまざまです。
しかし、そのほとんどは「老人性色素斑」と呼ばれるシミで、「30代後半からシミが増えて……」といった一般的なシミがこれに当たります。

老人性色素斑の対策としては、以下のような方法があります。

レーザー治療

病院やクリニックで行う治療で、シミを形成しているメラニンを破壊します。
シミそのものをターゲットに作用しますので、即効性と確実性の高い治療です。
但し、いったんはかさぶたができますし、かさぶたが取れるまでは照射部位を保護しなくてはなりません。
周辺の皮膚と違和感なくなじむまでには数ヶ月かかることもあります。

光治療

フォトフェイシャルと呼ばれることもある、レーザーとは違う種類の光線を広範囲に照射する治療です。
シミや赤みを抑え、肌のターンオーバーを促進していく効果があります。
レーザーほどの即効性はありませんが、レーザーが反応しづらい薄いシミにも有効です。

また、レーザーのようなダウンタイム(かさぶたや赤みのある期間)はほとんどありません。
ケミカルピーリングやイオン導入など、肌のターンオーバーを促進する別の治療とセットにするとさらに効果的です。

光エステ

光フェイシャルと呼ばれることもある、エステサロンで受ける施術です。
フォトフェイシャルと混同しがちですし、仕組みや効果も似ていますが、フォトフェイシャルが医療機器であるのに対し、光エステは美容機器です。
エステサロンのリラクゼーション的な施術とセットになっていることもあります。

化粧品・外用薬・内服薬

シミを薄くする作用のある化粧品や薬を塗ったり、あるいは内服したりする方法もあります。
医療機器を使う治療と比べると即効性はなく、確実に消えないこともありますが、効果がないわけではありません。

  • ハイドロキノン:メラニンの生成を抑える、メラニンの色を薄くする(化粧品・外用薬)
  • トレチノイン:メラニンを排出する(外用薬)
  • ビタミンC:メラニンの蓄積を抑える(サプリメント、内服薬)
  • トラネキサム酸:メラニンを作るメラノサイトの活性化を抑える

といった成分に有効性が認められており、ハイドロキノンとトレチノインを併用したシミ治療ができるクリニックもあります。

ビタミンCはサプリメントもありますが、クリニックではコラーゲンの生成を助ける「パントテン酸」が配合された「シナール」という薬もよく処方されます。ビタミンCはヤケドの際、傷痕が残らないように処方されることもあるくらいで、ごく身近ながら非常に重要です。
※トラネキサム酸は老人性色素斑にも効きますが、主に肝斑用の内服薬です。

光治療と光エステとの違いは?

光治療と光エステとの違いは?

シミ治療の方法についてざっとご説明してきましたが、「光治療と光エステの違いって?」と思われたことでしょう。
効果や目的は似ているのですが、その違いについて整理します。

機器のパワーが違う

まず根本的に違うのは、光治療の機器は病院やクリニックにしか使用が認められていない医療機器だということです。
対する光エステの機器は、医療従事者でないエステティシャンでも施術できる美容機器となります。
何かあれば医師がすぐに対応できる医療機器のほうが、パワーの強い光を照射できます。

結果が出るまでのスピードが違う

パワーが違うということは、満足な結果が出るまでのスピードにも差があるということです。

  • 光治療:3~5回
  • 光エステ:10~12回

個人差や機器による差もありますが、一般的には上記が標準的な回数です。
そのため、光治療は1回・3回といったコース設定がありますが、光エステは6回・10回・12回などのコースが用意されていることが多いです。

料金体系が違う

効果が高い治療は、やはり値段もお高い……。やはり、それが現実です。

  • 光治療:1回30,000~40,000円
  • 光エステ:1回15,000円前後

複数回通うコースになると割安にはなることが多いですが、1回で計算すると上記くらいが相場です。
但し、30,000円×3回と15,000円×10回。総額で比べると、必ずしもエステが安いと断言することはできません。

リラクゼーション効果が違う

クリニックは「治療」を受ける場所ですが、エステサロンは「リラクゼーション効果」に期待して行く場所です。
シミ取りという目的はあっても、エステに行くなら気持ちよく癒されたいと思う人が多いでしょう。
実際、光エステはマッサージやフェイシャルトリートメントがセットになっていることがほとんどです。
光治療でも、セットで受けるケミカルピーリングやイオン導入を気持ちよいと感じる人もいますが、いずれも位置づけは「治療」。
気持ちよさやリラックス効果という意味では、エステに軍配が上がります。

光エステに向くのは、こんな人!

シミ取りという目的で考えると、効果の緩やかな光エステは積極的には勧められません。
しかし、リラクゼーション効果もある光エステは、挫折せず楽しみに通い続けることができるでしょう。

「目立つシミはまだあまりないけど、いまのうちに消しておきたい」
「シミは消したら終わりじゃない。予防ケアはずっと続けていかないといけないだろうな」
「通い続けるのって、挫折してしまいそう」

そんな方には、レーザーや光治療よりも光エステがオススメです。
気になるシミをレーザーで消してから、ケアのために光エステに通うという選択肢もありますよ。

 

関連記事

シミの根本治療なら美容外科!レーザー治療の効果と再発防止策

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。 30~40代になると徐々に増えてきてしまうシミ。 なんとか消したいと思いながら、高級化粧品や美容クリニックはハードルが高くて踏み出せないでいる方も多いでしょ ...

続きを見る

ウェルネスビューティクリニック名古屋院

梅田スカイナイトクリニック

クリニーク大阪心斎橋

クリニーク神戸三宮

 

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.