シミ取り

シミ取りって痛くない?最新のシミ取り治療についてご紹介します

シミ取りって痛くない?最新のシミ取り治療についてご紹介します

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

シミ取り治療に「痛い」というイメージがある人もいるのではないでしょうか。
特に痛みに弱い人は、痛みが怖くてクリニックでのシミ治療に踏み切れないこともあるでしょう。
しかし目立つシミがある人は、治療でキレイになるなら挑戦したいとも思いますよね。

そこで今回はシミ取り治療の痛みについて、詳しくご紹介します。
痛みに不安がある人も、これを参考にすれば不安が軽くなるはずです。

シミ取り治療は痛いのか?

全く痛くないシミ取り治療を探している人には残念なお知らせですが、多くのシミ取り治療ではある程度痛みが伴います。

特に痛みがあるのは、レーザー照射によるシミ取り治療。

施術中も常に痛みが伴い、施術後にもレーザー照射部が赤くなり、じんじんとした痛みが残ると感じる人が多いです。
その痛みを我慢できる程度と感じるかどうかは、個人差があります。

しかし、シミ取りはレーザーだけではありませんし、比較的痛みが軽い治療もあります。
ですから、すべてのシミ取り治療に強い痛みが伴うわけではありません。

まったく痛みがないわけではありませんが、その痛みの程度はよく「輪ゴムで弾いた程度の痛さ」と言われます。

クリニックなので、麻酔も使える

シミ取りレーザーには強めの痛みが伴うため、施術時に表面麻酔が使われることもあります。
痛みが怖いことを事前に相談すれば、多くのクリニックで表面麻酔をしてもらえるはずです。
麻酔を使えば確かに痛みは軽減されます。表面麻酔だけで快適にシミ取りレーザーの治療を受けられる人もいるでしょう。

しかし麻酔の効き方や痛みの感じ方は個人差があるため、すべての人が麻酔で痛みを感じなくなるとは言い切れません。
麻酔をすれば確実に痛みは弱まりますが、それでも怖いなら痛みの少ない治療法を選ぶといいでしょう。

痛みの少ない治療をしたい!その方法とは?

シミ取り治療をするなら、できることなら痛みはなるべく少ない方が治療を快適に行えます。
ここからは痛みが少ない治療法について、その痛みの度合いやシミ取り効果を中心にご紹介します。

光治療(フォトフェイシャル)

光治療(フォトフェイシャル)は非常に弱い出力の光を、広範囲に照射する治療法です。
シミ・そばかす以外にも、肌のくすみや毛穴の開き、小じわなどに効果があります。
そのため、シミ以外の肌トラブルにも悩まされている人におすすめです。

光治療は何度か通って効果が出る方法です。
また比較的薄いシミに向いています。

光治療も施術中にある程度痛みを感じますが、よく言われるのは「輪ゴムで弾いた程度の痛さ」です。
シミやそばかすが濃い部分は痛みを強めに感じることがありますが、基本的に光治療では麻酔は使われません。
しかしどうしても痛みが気になる人は、クリニックでカウンセリング時に相談をしてみましょう。

レーザートーニング

レーザートーニングとは、シミ取りレーザー治療でも使われるレーザーの出力を弱めて照射する治療法です。
肝斑のような特殊なシミやくすみにも幅広く対応でき、回数を重ねることで徐々にシミの改善効果や肌のトーンアップを実感できる方法です。

痛みは光治療と同じく「輪ゴムで弾いた程度の痛さ」で基本的には麻酔は使われませんが、痛みが気になる人はクリニックに相談してみましょう。

痛みの少ないレーザー機器もあり!

シミ取りレーザー治療に使われるレーザーの中には、比較的痛みの少ないレーザーもあります。

それは最新レーザー機器である「ピコレーザー」です。
ピコレーザーは従来のレーザーよりも施術中の痛みが軽減されています。また施術スピードも速く、従来機よりも速く施術が終わるため、痛みから解放されるまでの時間が短くなります。

痛みの程度を文章で表すのは難しいのですが、従来機でシミ取りをしたことがある人がピコレーザーでシミ取りをすると、その痛みの軽さに驚くこともあるほどです。
「痛み」ではなく施術部が「熱い」と感じる人もいるようで、痛みの感じ方には個人差があるものの、従来のレーザー機器よりは格段に痛みが軽くなっています。

痛くないシミ取り治療の選び方

痛くないシミ取り治療の選び方

ここまでシミ取り治療の痛みについてご紹介しましたが、痛みに弱い人が痛くないシミ取り治療を選ぶには、どのように選べば良いのでしょうか。
痛みのことばかりを気にして自分のシミに合っていない治療を選んでしまうと、思うような効果を得られません。バランスを考えて選ぶことが重要です。

下記でシミのパターン別に効果の高い治療法をご紹介するので、シミ取り治療選びの参考にしてください。
治療法名は、おすすめ順になっています。

  • 狭い範囲内にある濃いシミ
    → シミ取りレーザー
  • 広範囲または複数ある濃いシミ
    →1.シミ取りレーザー 2.光治療(フォトフェイシャル)
    シミ取りレーザーの場合は「シミ取り放題」も検討してください
  • 狭い範囲内にある薄いシミ
    → シミ取りレーザー、光治療(フォトフェイシャル)、レーザートーニング 全て可
    ただしシミ以外の肌の悩みもある場合は、光治療(フォトフェイシャル)がおすすめ
  • 広範囲または複数ある薄いシミ
    → 1. 光治療(フォトフェイシャル) 2. レーザートーニング
  • ・肝斑やくすみ
    →レーザートーニング

まとめ

シミ治療にはある程度痛みが伴うものですが、シミ取りレーザー以外の治療法や最新レーザー機器を使うことで、痛みを緩和することができます。
そうした治療を選べば、多くの人は痛みが気にならなくなるでしょう。

それでも痛みが怖いなら、まずはカウンセリング時にしっかり医師と相談をしましょう。
最適な治療法を最終的に判断できるのは医師です。
興味のある治療法や痛みに弱いことを伝えながら、ぴったりの治療法を判断してもらうようにしてください。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.