シミ取り

気になるほくろを消したい!ほくろ除去の方法と消えるまでの経過を解説

http://affiliate-pro.net

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

ほくろは誰にでもあるものですが、あまりにたくさんあったり、目立つほくろがあったりすると、気になる人もいるでしょう。
そんなほくろも美容皮膚科などで除去することができます。

しかし「ほくろ除去」と聞くと、どんな施術をするのか不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ほくろ除去についてどんな方法があるのか、そして施術後はどうなるかをご紹介します。
ほくろ除去を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ほくろの除去方法

ほくろ除去にはいくつかの方法があり、ほくろの状態によって適した治療法が異なります。

ここでは代表的なほくろ除去方法である、「レーザー」「電気メス」「切開」の3つに絞って、それぞれどのような治療法で、どんなほくろに向いているのかをご説明します。

炭酸ガスレーザー

ほくろ除去には、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を使うのが一般的です。
ほくろ部にレーザーを照射する際に度痛みが発生するため、表面麻酔を用いて施術をすることが多いです。
このレーザーなら皮膚を削ることができるため、皮膚から盛り上がっているほくろの除去も可能です。

こんなほくろに有効

  • 茶褐色のほくろ(シミと同等か少し濃いめのほくろ)
  • 盛り上がったほくろ

電気メス

ほくろ除去には、外科手術で使われるような電気メスが用いられることもあります。
電気メスは高周波電流が流れる機器です。その電流の熱によりほくろを削り取る方法で治療が行われます。

「削り取る」と聞くと傷跡が気になる人もいるでしょう。
しかし電気メスによるほくろ除去は、皮膚の浅い部分のみを削り取るため傷跡はほとんど残りません。
また出血も少ないのが特徴です。

表面麻酔や局所麻酔が使われるので、痛みの心配は少ないでしょう。

ただし皮膚の浅い部分のみの処置となるため、もしもほくろの細胞がもっと深いところにある場合は、効果が薄いです。
深い場所にほくろ細胞がある場合は、何度か施術を受ける必要があります。

またそうした皮膚の奥からあるほくろだと、電気メスでの処置では傷跡が残りやすくなります。

そのようなデメリットも踏まえて、レーザーでは除去できないほくろの際に選ばれる治療法です。

また細かい作業になるため、電気メスによるほくろ除去の実績・経験豊富な医師の元で治療することが重要です。

こんなほくろに有効

  • 切開できないほくろ
  • 盛り上がっているほくろ
  • 薄い色のほくろ
  • 黒いほくろ
  • 小さめのほくろ

切開

切開とはその言葉どおり、ほくろをメスで切り開いて除去する治療法です。

メスを使った方法でなければ取り除けないようなほくろに用いられる治療で、メスで切るため切開後は傷口を縫う必要があります。
またメスを使うという性質上、強い痛みが発生するため局所麻酔を用いて施術を行います。

切開でほくろを除去すれば、どんなに皮膚の深い部分にほくろ細胞があったとしても、しっかり取り除けるため、再発リスクがありません。
しばらく傷跡が残るものの、ほくろはなくなるため、大きくて目立つほくろに有効な治療法です。施術後1週間程度で抜糸をします。

再発リスクもなく効果の高い方法ですが、どんなに目立つほくろでも、切開による除去ができない位置にある場合は、他の治療法を検討することになります。たとえば鼻先にあるほくろは切開ができません。

こんなほくろに有効

  • 黒く大きなほくろ
  • 盛り上がっているほくろ

ほくろ除去後の経過・生活について

ほくろ除去後の経過・生活について

ほくろ除去後は治療方法によって、どのような経過をたどるのか、どのような生活になるのかが異なります。
除去後の経過・生活についても治療法ごとにご紹介します。

炭酸ガスレーザーで除去した場合

照射後1〜2週間ほどで照射部のかさぶたが取れ、綺麗な皮膚が出てきます。
その間は、テープや絆創膏などでカバーするのが一般的です。
場合によっては、炎症後色素沈着がしばらく残ることがありますが、時間とともに消えていきます。

入浴や化粧は施術当日からOKです。
ただし照射部はこすらないこと、化粧はその部分を避けて行うことに気をつけましょう。
また照射部は特に紫外線の影響を受けやすいため、日焼け止めを塗るなどの対策が重要です。

電気メスで除去した場合

施術後は施術部が赤くなります。
そして乾燥すると薄いピンクになり、徐々に茶色へ変化していきます。皮膚が再生する速度は個人差がありますが、完全に皮膚が再生するまでには数週間以上かかるのが目安です。

炭酸ガスレーザー同様、炎症後色素沈着が残ることもありますが、こちらもしばらくすれば消えていきます。
電気メスはホクロに対してジャストサイズで照射を行っていくため、外科的な切開と比較すると傷跡は最小限で済みます。

入浴・化粧ともに施術当日からOKです。
炭酸ガスレーザー同様に、施術部をこすらず、化粧は避けて行うようにしましょう。

また施術部は皮膚が薄くなっているため、摩擦や紫外線の影響を受けやすいです。
外的刺激を与えないようにすること、紫外線対策をすることを心がけましょう。

切開による除去の場合

切開による除去の場合、施術後は専用の絆創膏で施術部が開いたりしないようにしっかり固定し、抜糸の日まで、その状態で過ごします。

抜糸後も傷跡の治りが早くなるように、テープでカバーをし、傷口の悪化を防ぎます。
抜糸するまでは患部を濡らさないことや、刺激を与えないことが必須です。

シャワーは当日からOKですが、入浴は翌日からというのが一般的。
化粧は当日から行えるものの、しばらくは施術部を避けて行います。

他の方法同様に、紫外線の影響から傷口を守ることが重要です。

施術後に縫ったり抜糸したりが必要なため、傷跡が残りやすい方法です。
ほとんどの傷は目立たなくなりますが、施術後の傷の扱いや体質によっては、目視できる傷跡が残ることもあります。

どの除去方法が適しているかは医師の判断に任せる

今回ご紹介したように、ほくろ除去にはさまざまな方法があります。
自分のほくろには、どれが良いのか疑問に思う人もいるでしょう。

しかし、患者自身が除去方法選びの心配をする必要はありません。
ほくろ除去方法は、ほくろの状態や位置によって向き・不向きがあるので、医師の診断に任せた方が良いからです。

またほくろ除去後は、再発や傷口の悪化などを防ぐために、医師の指示通りに除去後のケアをすることも肝心です。

まとめ

ほくろ除去はほくろの状態によって、治療法も除去後の経過・生活も大きく異なります。

一般的なシミ消しのように手軽に除去できることもあれば、切開のように大掛かりな治療になることもあるのです。
そうした予備知識を踏まえ、最終的には医師の診断や指示におまかせするのがベスト。ほくろに悩んでいる人は、まずはクリニックで相談することから始めてみましょう。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.