シミ取り

肝斑とは?シミができるメカニズムと対処方法を徹底解説

肝斑とは?シミができるメカニズムと対処方法を徹底解説

http://affiliate-pro.net

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

肝斑(かんぱん)は治りづらいとされているシミの一種です。

私のシミって、肝斑なのかな…?

と心配している人も多いのではないでしょうか。

肝斑はきちんと原因を知っていれば予防ができることもありますし、できてしまった後でも治療は可能です。

本記事では肝斑がどんなシミなのかを解説したうえで、予防や治療の方法を紹介していきます。
「自分のシミが肝斑なのかどうか知りたい」「肝斑を何とかして消したい」と思っている人は、ぜひ参考にしてください。

肝斑とは

肝斑は左右対称にほぼ同じ大きさ・形で現れるシミです。
色としては薄茶色、もしくは黒っぽい茶色。
顔のほほ骨のあたりや額に現れやすく、輪郭がはっきりと出ずにモヤっと広がります。

肝斑ができやすいのは、30~40代の女性です。
一度肝斑ができても閉経とともに薄くなっていく傾向があり、高齢者の場合はほとんど発症しません。

他の種類のシミとの見分け方

肝斑と他の種類のシミを見分ける際は、シミの位置を確認しましょう。
左右のほほあたりに、同じ大きさ・形で現れていたら、肝斑の可能性が高いです。

また肝斑は「老人性色素斑」と呼ばれるシミとよく間違えられます。
肝斑と老人性色素斑を見分ける際は、シミの輪郭部分をよく見てみましょう。
輪郭が出ずにモヤっとしていたら肝斑、輪郭がはっきりしていたら老人性色素斑である可能性が高いです。

肝斑が発生するメカニズム

肝斑の主要原因は、ホルモンバランスの乱れによりわずかな刺激でもメラニンが生成されやすくなることだと言われています。
そのため、発生を100%予防するのはは難しいのですが、治療法もありますし、悪化要因を避けることはできますので諦める必要はありません。

肝斑の治療方法

肝斑の治療方法

肝斑は治りづらいシミと言われ続けてきましたが、近年は医療技術が進歩したことにより、美容クリニックに通院すれば治せるシミとなりました。

具体的には、肝斑を治すためには以下のような治療方法があります。
それぞれの治療方法について詳しく解説していきます。

レーザートーニング

レーザートーニングとは、弱いパワーのレーザーを均一にあて、シミを治療する方法です。
刺激を与えると悪化しやすい肝斑でも、レーザートーニングであれば刺激を与えずに治療が行えます。

レーザートーニングは1回の治療で肝斑が劇的に薄くなるわけではなく、回数を重ねることでその効果が現れます。
美容クリニックで症状を診断してもらったうえで、治療スケジュールを相談しましょう。

トラネキサム酸を含む内服薬の摂取

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、肝斑を改善する効能が認められています。
副作用もありません。
定期的な摂取で、少しずつ肝斑が薄くなっていきます。

トラネキサム酸を含む内服薬は美容クリニックにて処方してもらえます。
先述のレーザートーニングによる治療を受けつつ、併せて摂取してもいいですね。

肝斑の悪化予防

ホルモンバランスが要因と考えられる肝斑は、発生を完全に予防するのは難しいシミです。
しかし、日頃の心がけで悪化要因を取り除くことはできます。

先に紹介した「治療」とともに、下記にも気を付けてください。

紫外線による刺激を避ける

他の種類のシミ予防とも共通ですが、紫外線による刺激はなるべく避けるようにしましょう。

具体的には紫外線カット効果が高い日焼け止めや、日傘で直射日光を避けるといった予防が有効です。
また紫外線は曇りの日でも降り注いでいるので、油断は禁物。

紫外線対策は、肝斑の予防の基礎中の基礎です。

肌をこすらない

肌を強くこすると、肌のバリア機能が破壊され、肝斑が悪化します。

血流をよくしようと、ほほを強くマッサージするのは逆効果です。
また美容クリームを塗りこむ際に強く擦るのも厳禁。

シミが気になる場合でも、肌をこすってはいけません。
肌に触る場合は、なるべく刺激を与えないように優しく触りましょう。

規則正しい生活をする・ストレスを溜めない

不規則な生活やストレスはホルモンバランスを崩してしまいます。
肝斑を予防するためにも、日頃から規則正しい生活を意識しましょう。

具体的には、十分な睡眠時間の確保や栄養バランスがとれた食事などですね。
またストレスを溜め込まないよう、小さなイライラを少しずつ減らしていくことも大切です。

まとめ

肝斑は完全な予防が難しいシミですが、治療法が確立されつつあります。
ただ、肝斑を老人性色素斑だと勘違いしてレーザーをスポット照射してしまうと逆に悪化してしまうこともあり、注意が必要です。
クリニックできちんと診断を受け、正しく理解・納得してから治療を始めるようにしましょう。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.