シミ取り

老人性色素斑とは?シミができるメカニズムと対処方法を徹底解説

老人性色素斑とは?シミができるメカニズムと対処方法を徹底解説

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

老人性色素斑は加齢と共にできやすくなるシミです。
40代以降に多いシミと言われていますが、もっと早い年齢でその症状が現れる人もいます。

しかし老人性色素斑は、対策をすれば予防できるシミです。
また症状が出てしまった後でも、治療が可能です。

今回は、老人性色素斑がどんなシミなのかを解説したうえで、予防や治療の方法を紹介していきます。
加齢によるシミに不安を抱いている人は、ぜひ参考にしてください。

老人性色素斑とは

老人性色素斑はその名から想像できる通り、加齢とともにできやすいシミです。
40歳以上になると特にできやすいですが、早い人は20代のうちからできる場合もあります。

シミの色としては、褐色~黒褐色が多いです。
形状は円形や楕円形に近い形がほとんど。
シミができる場所や数はさまざまですが、輪郭がはっきり表れるのが特徴です。

他の種類のシミとの見分け方

老人性色素斑と他のシミの見分ける際は、シミの輪郭に注目しましょう。
輪郭がはっきりとしたシミが左右非対称にできていたら、老人性色素斑の可能性が高いと判断できます。

老人性色素斑とよく間違えられるシミとしては、「肝斑」があります。
肝斑は左右対称に表れるシミなので、通常はシミの位置で判断できますが、老人性色素斑がたまたま左右対称に近い分布で表れたときは判断がしづらいです。

しかし肝斑の場合は、輪郭がモヤっとするという特徴もあります。
シミの位置で判断ができない場合でも、輪郭が出ずにモヤっとしていたら肝斑、輪郭がはっきりしていたら老人性色素斑と予想をつけることができます。

但し、両者の治療方法は違うため、自己判断せずクリニックで診断してもらうようにしましょう。

老人性色素斑が発生するメカニズム

老人性色素斑の主な原因は紫外線です。
肌が紫外線を浴びると、肌細胞を守るためにメラニンと呼ばれる黒い色素が生成されます。
このメラニンが沈着することで、シミが発生するというメカニズムです。

通常メラニンは、肌のターンオーバー(代謝)で排出されます。
しかし加齢によりターンオーバーの能力が弱まると、メラニンを排出しきれず、シミになってしまいます。

老人性色素斑の治療方法

老人性色素斑の治療方法

老人性色素斑は一度できてしまったとしても、美容クリニックで治療ができます。

ここでは老人性色素斑の治療方法について解説していきます。

レーザー治療

レーザー治療は最も手取り早く老人性色素斑を消せる方法です。
特定の波長の光のみを増長してシミへと照射し、メラニンを破壊します。

レーザー治療の場合は薄いシミであれば1回の通院で治療が完了することもあり、なるべく早く治療を終わらせたい場合におすすめです。

ただしレーザーを照射した後の1週間近くは、患部にテープを貼ったり医療用コンシーラーを塗ったりして保護する必要があります。
また患部は最終的にかさぶたとなって剥がれるため、一時的には逆に目立つ状態になります。
治療後の見た目が気になる場合や生活上の支障がある場合は、後述の光治療も検討してください。

光治療(フォトフェイシャル)

光治療(フォトフェイシャル)でも老人性色素斑は治療できます。

光治療はレーザー治療ほどの即効性がないものの、肌への負担が少ないのが特徴です。
患部がカサブタになることもなければ、治療後に患部を保護するシールを貼る必要もありません。

ただしシミが濃い場合は、光治療では大きな効果が見込めない場合もあります。

症状が進行していない段階で、じっくりと治療を進めていきたい場合におすすめです。

ハイドロキノン・トレチノインの外用や内服薬

ハイドロキノンやトレチノインは老人性色素斑の治療に有効な成分です。
ハイドロキノンはメラニンの排出を促し、トレチノインはメラニンの生成を抑えます。

ただしあくまで外用薬なので、すぐにシミが治るというわけではありません。
症状がさほど進行していない時に使ったり、上記のレーザー治療や光治療と併用したりするのがおすすめです。

ハイドロキノン・トレチノインの外用と並行して、美白効果のある内服薬を服用することもあります。

老人性色素斑の悪化予防

老人性色素斑を100%防ぐことはなかなか難しいですが、日頃の習慣で予防はできます。

すでにある老人性色素斑の悪化予防にもなりますので、先に紹介した「治療」とともに、下記にも気を付けてください。

紫外線による刺激を避ける

まずは老人性色素斑の主な原因でもある紫外線を避けるようにしましょう。
具体的には日焼け止めクリームを塗っての外出、日傘で直射日光を避けるといった対策が有効です。

夏場だけでなく、通年で意識しておくことが重要です。

摩擦を避ける

朝晩の洗顔で、ゴシゴシ洗う。そんな摩擦の積み重ねも老人性色素斑の悪化要因です。

優しく丁寧に洗うようにしましょう。

規則正しい生活をする・ストレスを溜めない

不規則な生活やストレスはホルモンバランスを乱し、肌のターンオーバーを低下させます。

老人性色素斑を予防するためには、日頃から十分な睡眠時間や栄養バランスのとれた食事などを意識し、生活の規則を正すことが大切です。
またストレスについても、できるだけ溜めないようにしましょう。

まとめ

老人性色素斑は加齢に伴ってできやすくなるシミですが、悪化を予防することはできます。
また治療方法も確立されているので、一度できてしまっても諦める必要はありません。

老人性色素斑に悩まされている人は、一度美容クリニックにて診療を受けてみましょう。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.