脱毛

部位やプランで大きく違う!医療脱毛の費用相場を詳しく解説

部位やプランで大きく違う!医療脱毛の費用相場を詳しく解説

こんにちは。
ビューティウィンド編集部です。

脱毛をする前に、まず費用がどれくらい必要なのか知りたいですよね。

脱毛費用は、選ぶクリニック、脱毛の範囲、脱毛の回数によって異なります。

特定の部位を脱毛したい場合は、その部位だけを選ぶのではなく、その部位が含まれるプランの方が安いこともあります。

また、脱毛したい部位がたくさんある場合は、細かな部位ごとに脱毛するのではなく、全身脱毛を選ぶ方が安くなることもあるのです。

そこで、ここでは、部位別・プラン別の医療脱毛費用について詳しく説明いたします。

医療脱毛の種類

クリニックで受けることができる脱毛方法は、大きく分けて4種類あります。

  • ニードル脱毛
  • 熱破壊式の医療レーザー脱毛
  • 蓄熱式の医療レーザー脱毛(医療SHR脱毛)
  • IPL脱毛

それぞれの特徴(メリット・デメリット)を見てみましょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴ひとつひとつに器具を差し込み直接毛根に作用させる脱毛方法です。

メリット

  • 狙った毛を確実に脱毛できる

デメリット

  • 他のどの脱毛方法よりも痛い
  • 料金が高い

他の脱毛方法で残ってしまった毛や、ホクロに生えた毛など一部の毛を脱毛する方法として利用する方が多いです。

なお、毛根を破壊する永久脱毛を行えるのは、法律上、医療機関のみとなっています。
ニードルを用いた永久脱毛は皮膚障害といったリスクもあるため、クリニックでの相談を推奨します。

熱破壊式の医療レーザー脱毛

レーザー脱毛は、レーザーを照射し、毛根に作用させる方法です。

メリット

  • IPL脱毛より早く効果が出る

デメリット

  • ニードル脱毛ほどではないが、医療SHR脱毛・IPL脱毛より痛い

蓄熱式の医療レーザー脱毛(医療SHR脱毛)

医療SHR脱毛は、光を照射し、バルジ領域(発毛を促す司令塔)に作用させ脱毛する方法です。

関連記事
痛い方が効果的?医療レーザー脱毛「熱破壊式」「蓄熱式」の違いとは
痛い方が効果的?医療レーザー脱毛「熱破壊式」「蓄熱式」の違いとは

こんにちは。 ビューティウィンド編集部です。 脱毛といえば「痛みが付きもの」だと認識している方もいるのではないでしょうか? 特に、医療レーザー脱毛は「痛くて耐えられなかった」というクチコミを多く見かけ ...

続きを見る

メリット

  • 痛みが少ない
  • 美肌効果がある
  • 毛周期に関係なく通える
  • 脱毛効果が肌の色・毛の色に左右されない

SHR脱毛は今までの脱毛デメリットを覆す新しい脱毛方法です。

従来の方法に比べるとデータの量は少なく、専門家によっても意見が分かれているものの、効果を証明するデータはきちんとあります。

【参考】92人の中国人女性が片脇をSHR脱毛(蓄熱式)、もう片方をHR脱毛(熱破壊式)で脱毛した検証結果の論文
4週間間隔で4回照射し、6ヶ月後の調査。蓄熱式脱毛のほうが高い減毛効果を示したことが報告されています。
また痛みに関しても、数値化した平均値は、蓄熱式と熱破壊式でそれぞれ2.75と6.75と記されています。

IPL脱毛

IPL脱毛は、光を照射し毛根に作用させる方法です。
仕組みはレーザー脱毛と似ていますが、パワーは弱いです。

症例数が多く広く行われている脱毛方法ですが、「医療IPL脱毛」としてSHR脱毛の効果を謳っているクリニックもあれば、エステでは違法となる永久脱毛効果に近いことを謳っているサロンもあり、さらにはIPL脱毛=エステサロンで受ける脱毛と定義している情報サイトもあります。
使用機器や出力設定よっても効果が異なるため、「IPL脱毛とは?」の定義は非常にあいまいでもあります。

メリット

  • 熱破壊式の医療レーザー脱毛よりは痛くない
  • 美肌効果がある

デメリット

  • 医療レーザー脱毛(熱破壊式・蓄熱式)より効果が出るまでに時間がかかる

クリニックでの脱毛費用

クリニックでの脱毛費用

2~3種類の脱毛機器を用意しているクリニックもあります。
毛質や肌タイプ、脱毛部位に応じてクリニック側が使用機器を決定するクリニックと、自分で使用機器を選べるクリニックがありますが、どの脱毛機器を使用しても料金は同じであることが多いです。
※ニードル脱毛を除く

途中解約について

脱毛費用はコースや部位、回数によって大きく異なり、かなり高額なコースもあります。

しかし、多くのクリニックでは、契約した回数よりも早く効果が表れた場合、途中解約も可能です。
例えば、8回の全身脱毛を契約していたけれど、5回で満足したら(完了していなくてもOK)、解約することが可能で、残り3回分の料金が返金されます。
※返金額の割合はクリニックによって異なります

月額料金表示について

まれに、月額で料金を表示しているクリニックもあります。
例えば、「全身脱毛5回コース月額12,000円」があったとします。

一見、「月1回、5ヶ月通って12,000円×5=6万円」のように思えます。
しかしよく見ると、「全身脱毛5回コース月額12,000円(20回払い)」などと書いてあるはずです。つまり、12,000円×20=24万円です。
月額表示の場合は、総額を確認してから契約しましょう。

では次に、各部位の脱毛費用について詳しくご紹介していきましょう。

ワキ脱毛費用

クリニック 回数 料金
A院 6回 5,537円
B院 5回 29,630円
8回 42,963円
C院 5回 18,800円
D院 5回 12,000円
E院 5回 12,000円

ワキ脱毛は、他の部位にはないリーズナブルな料金設定となっています。
そのため、まずはワキ脱毛を試して、痛みや効果を実感してからその他の脱毛部位を契約するという方法もおすすめです。

VIO脱毛費用

クリニック 回数 料金
A院 6回 58,000円
B院 5回 157,500円
C院 5回 92,800円
D院 5回 129,000円
E院 5回 89,000円

VIO脱毛は、脇と同じく効果が出やすい部位です。
すべてを脱毛しないで整えることも可能ですが、金額は変わりません。

顔脱毛費用

クリニック 回数 料金
A院 6回 49,680円
B院 5回 180,000円
C院 5回 92,800円
D院 5回 97,000円
E院 5回 90,000円

顔脱毛は、産毛のため、効果が出るまでに回数がかかります。

顔脱毛の範囲はクリニックによって異なり、首やうなじの脱毛が顔脱毛に含まれることもあります。

パーツ別脱毛費用

今回はSパーツ(うなじ、額、鼻下、あご、アゴ下、首、ひじ、手の甲と指、ひざ、足の甲と指など)、Lパーツ(両ひじ上、両ひじ下、胸、腹、背中上、背中下、お尻、両ひざ上、両ひざ下)でご紹介しますが、クリニックでは部位ごとに細かく料金を設定しているところも多いです。

Sパーツ料金

クリニック 回数 料金
A院 6回 28,750円
B院 5回 48,000円~
C院 5回 27,800円~
D院 5回 54,000円~
E院 設定なし

Lパーツ料金

クリニック 回数 料金
A院 6回 81,000円
B院 5回 55,500円~
C院 5回 73,800円~
D院 5回 27,000円~
E院 設定なし

コース別脱毛費用

細かいパーツでなく、腕脱毛セット(Sパーツのひじ・手の甲と指、Lパーツの両ひじ上、両ひじ下)、脚脱毛セット(Sパーツのひざ・足の甲と指、Lパーツの両ひざ上、両ひざ下)など、コースが設定されているクリニックもあります。

腕脱毛コース料金

クリニック 回数 料金
A院 コースなし
B院 5回 90,000円
C院 5回 69,800円
D院 5回 72,000円
E院 コースなし

脚脱毛コース料金

クリニック 回数 料金
A院 コースなし
B院 5回 135,000円
C院 5回 110,800円
D院 5回 90,000円
E院 コースなし

全身脱毛費用

全身脱毛には、すべてを含む全身脱毛と、顔とVIOを除くプランがあるクリニックが多いです。

顔・VIO脱毛などすべて含む全身脱毛料金

クリニック 回数 料金
A院 6回 348,000円
B院 5回 303,000円
C院 5回 369,000円
D院 5回 369,000円
E院 5回 368,000円

顔・VIO脱毛を含まない料金

クリニック 回数 料金
A院 6回 288,000円
B院 5回 198,000円
C院 5回 276,000円
D院 5回 189,000円
E院 5回 134,000円

細かいパーツごとに脱毛するよりは、全身脱毛を選んだほうが安くなる場合もあります。

安く早く脱毛するために

脱毛の費用はとても複雑ですが、
・ワキだけなら安い
・細かいパーツごとよりも全身脱毛のほうが安いこともある
という特徴があります。
また、パーツごとに予約するよりもコースのほうが予約がスムーズなことも。
まずは、自分が脱毛したい部位をしっかり把握し、部位別料金とコース料金・全身脱毛料金を比べてみましょう。

-脱毛

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.