ブライダル 脱毛

背中美人を目指したい!背中脱毛のメリットとデメリットを解説

背中美人を目指したい!背中脱毛のメリットとデメリットを解説

こんにちは。
ビューティウィンド編集部です。

「背中」は、自分では見えないのに他人からはよく見える部位です。

そんな背中に生えている「背中の毛」は、ワキの毛と比べると細く産毛に近いですが、密集して生えているため意外と目立ちます。

また、自己処理しづらい部位でもあります。

そのため、「背中脱毛」を考える方も多いですが、背中脱毛にはデメリットもあり、脱毛施術を受けないほうがよい方もいらっしゃいます。

ここでは、背中脱毛に関する注意点とメリット・デメリットについて解説いたします。

背中脱毛の範囲はどこまで?

ワキや顔なら脱毛範囲がわかりやすいのですが、「背中」は「どこからどこまでが背中」なのでしょうか?

実は、クリニックやサロンによって背中脱毛の範囲は異なります。

細かく分けると、

  • うなじ
  • 背中上
  • 背中下

と4部位に分かれているところが多いのですが、背中上下で「背中」としているクリニック、背中下に腰が含まれるサロンもあります。

ほとんどのクリニック・サロンでは「背中」にうなじは含まれません。
ただし、「背中えりあしセット」、「背中スッキリセット」など、セットであればうなじから腰まで含まれていることもあります。

背中脱毛のメリット

脱毛OKのニキビ、脱毛NGのニキビ

まずは、背中脱毛のメリットからご紹介しましょう。

キレイな背中を保てること

当たり前のことですが、なんといっても「いつでも出せるキレイな背中」を保てること!
水着やドレス、背中の開いた服を自信を持って着ることができます。

背中ニキビ改善効果

背中は皮脂腺が多いため、毛穴が詰まりやすくニキビができやすい部位です。
しかし、背中の毛がなくなると、毛穴が引き締まり、皮脂の汚れの付着もなくなり、背中ニキビの予防・改善効果につながります。

背中脱毛のデメリット

大変な自己処理から解放され、ニキビ改善効果もある背中脱毛ですが、前もって知っておいていただきたい「デメリット」もあります。

料金が高額

ワキ脱毛やVライン脱毛などと比べると、施術範囲が広いため高額です。

【参考】背中全体(うなじ・腰は含まない)料金

  • クリニック(6回):10~16万円
  • サロン(6回):3~8万円~

サロンの場合は、背中だけを脱毛するより全身脱毛コースのほうが安いこともあるほどです。

また、その人の毛質によりますが、ツルツルにするにはクリニックの医療レーザー脱毛で10回、サロンの光脱毛では15回以上通うのが一般的です。
1回あたりの料金を比較するとクリニックが高額ですが、合計でいくらになるかも踏まえて検討しましょう。

施術時間が長い

施術範囲が広いため仕方がないのですが、ワキ脱毛が数分で終わるのに比べ、背中脱毛は40分~1時間かかります。

効果が出にくい

医療レーザー脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛はメラニン色素に反応させ脱毛効果が得られるため、ワキやVラインに比べると毛の薄い背中脱毛は効果が出にくい部位です。

毛嚢炎(毛包炎)のリスク

毛穴にばい菌が入ることで起こる炎症「毛嚢炎(毛包炎)」ができる可能性があります。
脱毛自体のリスクですが、背中は皮脂腺が多いのでややリスクが高いでしょう。

防ぐ方法は、

  • 体調が悪い(免疫力が落ちている)ときに脱毛施術を受けない
  • 施術後はあまり汗をかくことをしない
  • 施術後24時間はシャワーのみ(湯船に浸からない)

などがあります。

もちろん相談すれば、抗真菌薬やステロイド軟膏、抗生物質の飲み薬など、症状にあった薬を処方してもらうこともできます(サロンであれば提携のクリニックを紹介)。

増毛化・硬毛化のリスク

背中の毛は細いため、増毛化・硬毛化のリスクもあります。

関連記事
医療脱毛で毛が濃くなるって本当?硬毛化と増毛化の原因と対処法
医療脱毛で毛が濃くなるって本当?硬毛化と増毛化の原因と対処法について

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。 脱毛することにより多くの方が、明るく快適な日々を送ることができるようになります。 ですがごく稀に、何かしらのトラブルが起こってしまうこともあります。 たとえ ...

続きを見る

増毛化・硬毛化については、無料保証があるクリニック・サロンも多いので、もしものために、どのような保証があるか先に確認しておきましょう。

脱毛前のシェービングが大変

ニードル脱毛以外の方法で脱毛施術を受ける場合、施術前日(もしくは当日)に、施術部位のシェービングが必要です。
しかし、背中の毛を自分でシェービングするのは難しいですよね。

この「施術前のシェービング」については、クリニック・サロンによって対応が様々です。

  1. シェービング代込み
  2. シェービング代別途必要
  3. 剃り残しが多いと施術不可

背中・IOなど自己処理が難しい部位の脱毛を受ける際は、シェービングについても確認しておきましょう。

うなじや腕など隣接する毛が目立つ!?

背中は、うなじ、肩、二の腕、脇腹、腰と接している部位が多いため、背中がキレイになったことで、逆にうなじや二の腕が目立つこともあります。

背中脱毛が完了した後に、二の腕、うなじ…と追加していくと時間もかかりますし、金額も上がります。
背中だけでなく他の部位も気になっているのでしたら、全身脱毛を選んだほうが早く終わるだけでなく、総額も安くなる場合もあります。

脱毛で、いつまでも美しい背中を!

背中脱毛のデメリットの多さに驚かれたかもしれません。
たしかに背中の毛は細くて効果もすぐには出にくいですし、範囲が広いため高額になります。

しかし、背中は自己処理が難しい部位です。
結婚式当日だけキレイな背中で!といったことならシェービングでもいいですが、背中の産毛に悩んでいるなら脱毛は有効な選択肢でしょう。

時間はかかりますがですが、しっかり通えばムダ毛のない毛穴の引き締まった背中を手に入れることができますよ。

-ブライダル, 脱毛

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.