脱毛

脱毛の弊害とは?安心安全な脱毛のために知っておきたいデメリット

脱毛の弊害とは?安心安全な脱毛のために知っておきたいデメリット

近年、エステサロンやクリニックにて脱毛の施術を受ける方が増えています。

しかし、場合によっては安全のため施術を断られることがあるのはご存知でしょうか?

その理由は、脱毛にはどうしてもリスクが伴うからなのです。

安心して脱毛するためにも、まずは、脱毛のリスク、起こり得るトラブルについて知っておくことが大切です。

この記事では、クリニックやエステでの脱毛だけでなく自己処理の注意点も含めて解説します。

脱毛のリスク

クリニックでの医療レーザー脱毛やエステサロンでの光脱毛は、きちんと作用すれば毛が生えてこなくなる可能性が高く、「有効な脱毛方法」として人気です。
しかし一方で、以下のようなリスクがあります。
※医療レーザー脱毛と光脱毛は別物ですが、起こり得るリスクはほぼ同じです。

ヤケド

医療レーザー脱毛器・光脱毛器の多くは、メラニン(黒色)に反応します。
そのため、日焼けした肌の場合はヤケドの危険性があります。
事前にテスト照射しますので実際にはほとんどリスクはありませんが、施術の前後2週間日焼けをしないようにしてください。

色素沈着・色素脱失

日焼けした肌のヤケドと同じ理由で、ほくろ・シミ・傷跡に直接照射した場合にもヤケドの危険性もあります。また、その部分が色素沈着したり、逆に色が抜けすぎる色素脱失したりすることもあります。
光が当たらないように覆ってくれますので過度な心配は不要ですが、もしもの場合の補償があるクリニック・サロンを選ぶと安心です。

ニキビ・肝斑(かんぱん)の悪化

レーザーを当てることで、今できているニキビや吹き出物が悪化したり、肝斑が濃くなったり増えたりする可能性があります。
肝斑はレーザーで消せる通常のシミ(老人性色素斑)とは違い、レーザーによるスポット照射で悪化してしまうシミです。自分のシミが肝斑かどうか判断がつかない場合は、皮膚科・美容皮膚科で確認するようにしましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎(もうのうえん)は、毛穴の奥(毛嚢・毛包)に起こる炎症の一つで、毛包炎(もうほうえん)とも呼ばれています。
光の刺激でダメージを受けた毛穴に雑菌が入ってしまうと、稀に発疹(丘疹や膿包)ができ、痛み・発熱を伴うこともあります。
クリニックの場合は相談すると薬を処方してもらえますし(契約条件によっては無料のこともあります)、エステサロンでも提携のクリニックを紹介してもらえます。

赤み・かゆみ・肌荒れ・乾燥

光脱毛ならジェルを使用したり、医療レーザー脱毛なら冷やしたりと、お肌に負担がないように施術を行いますが、施術後1~2週間はこれらの症状が出ることもあります。
あまりに長引くようでしたら、クリニックやサロンに相談するようにしてください。

硬毛化・増毛化

かなり稀ですが、脱毛に行ったにもかかわらず、硬毛化(毛が濃くなる)・増毛化(毛が増える)が起こることがあります。
しかしこれらは、脱毛を続けることで改善していくことが多いです。
これらの現象がみられた場合の追加照射を無料としているクリニック・サロンが多いので、契約前によく確認しておきましょう。

通えなくなるリスク

多くのクリニック・サロンでは、妊娠中・産後3ヶ月以内の方は施術を受けることができません。授乳中も不可としているクリニックもあります。
妊娠を希望している場合は、規約などをよく読んでおくようにしましょう。

脱毛に通える期間を設定しているクリニック・サロンでも、妊娠がわかると延長措置を適用してくれる場合もあります。
また、引っ越しの可能性がある方は、全国展開していて医院・店舗変更可能なクリニック・サロンを選ぶ、途中解約も可能か確認しておくといった備えも必要です。

ニードル脱毛のリスク

ニードル脱毛は、絶縁針を差し込んで毛根を破壊する永久脱毛です。
なお、毛根を破壊する永久脱毛を行えるのは、法律上、医療機関のみとなっています。
ニードルを用いた永久脱毛は皮膚障害といったリスクもあるため、クリニックでの相談を推奨します。

  • 毛嚢炎
  • 赤み・かゆみ・肌荒れ・乾燥
  • 通えなくなるリスク

症状・対策は上記の「サロン脱毛・医療レーザー脱毛のリスク」と同じですが、毛穴に針を刺すため毛穴が赤いポツポツとなり、かゆみや痛みが出ることがあります。

自己処理のリスク

自己処理には、

  • 光脱毛(家庭用脱毛器)
  • 毛を剃る(カミソリ・電動シェーバーなど)
  • 毛を抜く(毛抜き・ワックス・家庭用脱毛器など)
  • 毛をカットする(ハサミ・家庭用脱毛器など)
  • 除毛する(クリームなど)

など、さまざまな方法があります。

自己処理のリスクには、

  • 埋没毛
  • 毛嚢炎
  • 赤み・かゆみ・肌荒れ・乾燥
  • ヤケド(光脱毛器使用の場合)

などがあります。

埋没毛とは皮膚の下で成長してしまう毛のことで、自己処理で皮膚が傷つくことがきっかけで起きてしまうことがあります。
肌のターンオーバーを繰り返すことで自然に排出されることもありますが、毛嚢炎になってしまうことも。医療レーザー脱毛で取り除くことが可能です。

その他のリスクは「サロン脱毛・医療レーザー脱毛のリスク」で紹介していますが、自己処理のほうが悪化しやすいため注意が必要です。

また、家庭用光脱毛器を利用する際のトラブルで一番多いのが「ヤケド」です。
「熱いかも」と思ったら我慢しないで、一度使用をストップしましょう。
自己処理の方法のなかでは、電動シェーバーのように皮膚に刃が直接当たらない方法がオススメです。

もしもに備えた準備を

ここでご紹介した脱毛のリスクは、稀にしか起こらないトラブル例も含まれています。
しかし、何万分の一の確率であっても、自分に降りかかってくるかもしれません。

カミソリや家庭用脱毛器を使った自己処理は手軽で便利ですが、トラブルが起こりやすいため、使い方に注意が必要です。
何か合った場合は、すぐに使用を中止し、医療機関を受診するようにしてください。

サロンやクリニックでの脱毛も、安易な契約は危険です。
多くの場合はトラブル時の補償が用意されていますが、きちんと条件を確認してから決めるようにしてくださいね。

 

関連記事

関連
永久保証や通い放題の脱毛はお得?支払い総額を計算しないと危険かも
永久保証や通い放題の脱毛はお得?支払い総額を計算しないと危険かも

こんにちは。 ビューティウィンド編集部です。 脱毛クリニック・サロンの中には、「通い放題」や「永久保証」が用意されているところもあります。 脱毛は、脱毛方法だけでなく、その人の体質・毛質によっても必要 ...

続きを見る

関連
毛穴レスの美肌へ!顔脱毛するメリット・デメリットとは
毛穴レスの美肌へ!顔脱毛するメリット・デメリットとは

こんにちは。 ビューティウィンド編集部です。 顔の産毛剃りって、面倒ですよね。 ツルツル肌をキープできる顔脱毛への興味も湧いてくるというものです。 「クリニックは高いからサロンで……」と思うかもしれま ...

続きを見る

関連
非推奨!医療脱毛とサロン脱毛を併用しないほうがいい理由とは
非推奨!医療脱毛とサロン脱毛を併用しないほうがいい理由とは

こんにちは。 ウェルネスビューティクリニックです。 短期間で脱毛が完了する「医療レーザー脱毛(蓄熱式脱毛・SHR脱毛)」を選んだとしても、自己処理が楽になる程度までの脱毛効果を得るには半年ほどかかりま ...

続きを見る

関連
医療脱毛とサロン脱毛では違う?SHR脱毛(蓄熱式脱毛)の効果とは
医療脱毛とサロン脱毛では違う?SHR脱毛(蓄熱式脱毛)の効果とは

こんにちは。 ビューティウィンド編集部です。 今、インスタグラムで話題の「痛くない脱毛」は、SHR脱毛(蓄熱式脱毛)という脱毛方法です。 クリニックでもサロンでも受けることができるのですが、両者で何か ...

続きを見る

関連
医療脱毛で毛が濃くなるって本当?硬毛化と増毛化の原因と対処法
医療脱毛で毛が濃くなるって本当?硬毛化と増毛化の原因と対処法

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。 脱毛することにより多くの方が、明るく快適な日々を送ることができるようになります。 ですがごく稀に、何かしらのトラブルが起こってしまうこともあります。 たとえ ...

続きを見る

-脱毛

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.