シミ取り

徹底解説!満足できるシミ取り治療のためのアフターケア方法

徹底解説!満足できるシミ消し治療のためのアフターケア方法

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

シミ取り治療を考えている人は、治療後のアフターケアも必要なことを知っているでしょうか。
治療自体については知っていても、アフターケアについてはあまり意識をしたことがない人も多いでしょう。

しかしせっかく消したシミを再発させないためにも、アフターケアは非常に大事なんです。

今回はシミ取り治療の効果を最大限に発揮させるための、アフターケア方法についてまとめてみました。
シミをしっかり消して再発させないためにも、これを参考に正しいアフターケアに取り組みましょう!

シミ取り治療にはアフターケアが重要!

シミ取り治療は、どんな治療法を選んだとしてもアフターケアが非常に重要です。

シミ取りレーザーや光治療、レーザートーニングなど、シミ取り治療の方法はたくさんありますが、どの方法をとった場合も、治療後のお肌は敏感かつ通常よりも弱い状態になっているからです。

弱い状態になっている肌は、外的刺激の影響を受けやすくなっています。
そのためしっかり保護をしてあげなければ、せっかくシミ治療をした場所にまたシミができてしまうことがあるのです。

また治療法によっては、炎症を起こしてしまうこともあります。

ですからシミ取り治療をしたあとは、必ず医師の指示に従い、しっかりとアフターケアを行いましょう。

シミ取り治療中のケアについて

ではまずは、シミ取り治療中にはどんなケアをするのかを、具体的にご説明していきます。

シミ取りレーザー治療の場合

シミ取りレーザー治療は、シミの治療の中でも一番ケアに手間がかかります。

レーザーを照射した部分は、処方された軟膏・クリームを塗り、そのうえから保護テープを貼って保護するのが一般的です。

この間、患部には化粧などがつかないように気をつける必要があります。
また紫外線だけではなく、摩擦などの外的刺激も避けるようにしましょう。

これを怠ってしまうと、患部が炎症を起こしてしまうこともあるので、気をつけてください。

保護テープは毎日貼り替え、患部にできたかさぶたが剥がれるまで保護をします。
化粧は保護テープを貼ったまま可能なので、化粧ができないわけではありません。

ダウンタイムのない治療の場合(光治療など)

光治療やレーザートーニングのように、ダウンタイムがなく、すぐに通常通りの生活ができるシミ治療の場合も、治療中にケアが不要なわけではありません。

紫外線や摩擦などの外的刺激から、肌をしっかり守るのは必須です。
いつもよりもしっかりと紫外線対策をしましょう。

また場合によっては、美白効果のあるハイドロキノンという外用薬が処方されることもあります。
ハイドロキノンが処方されたら、指示された用法どおりに使うようにしてください。

再発防止!シミ取り治療後のアフターケア方法

再発防止!シミ消し治療後のアフターケア方法

治療中のケアはもちろんのこと、シミ取り治療後のアフターケアも忘れてはいけません。
シミ取り治療後のアフターケアには、再発防止の意味があります。

ここからはどのシミ取り治療にも共通するアフターケア方法をご説明していきます。

必ず紫外線対策をすること

シミ取り治療後のアフターケアで最も重要なのは、紫外線対策です。

治療後の肌は紫外線の影響を受けやすくなっています。
もしも紫外線対策を怠ってしまうと、同じ場所にまた同じようなシミが現れるリスクが高くなります。

たとえどんな天気であっても日焼け止めクリームを使い、日差しがあるときには日傘を差したり、肌の露出を抑えるようにしたりして、対策をしてください。

治療部位はあまり外的刺激を与えないようにする

シミ取り治療をした箇所は、摩擦などの外的刺激にも弱い状態です。

特に摩擦刺激は、肌の黒ずみの原因にとしてもよく知られています。
肌の黒ずみも、シミも同じメラニン色素によるものですから、シミ取り治療後の肌に摩擦刺激を与えてしまうと、シミができてしまうのです。

治療後も治療部位はあまりこすらず、洗顔時にも優しく触れるようにしてください。

スキンケアも重要!

シミ取り治療後は保湿も忘れないようにしましょう。

肌が乾燥していると紫外線や摩擦などの刺激に対し、ますます弱くなってしまいます。

しっかりスキンケアをして、強い肌を作るようにしましょう。

病院で処方された薬は指示通りに使う

シミ治療が終わったあとも、病院で薬が処方されることもあります。
これは再発防止のためで、クリニックによっては一定期間通院の期間があります。

この間は必ず医師の指示に従って、処方された薬を使うようにしてください。
シミが見えなくなったからと、勝手に途中でやめてしまうと、うっかり再発してしまうかもしれません。

また指示された以上に薬を使いすぎるのも禁止です。
例えばハイドロキノンだと、成分が強いため、用法以上に塗ると炎症を起こしてしまうこともあります。

処方された薬の取り扱いには、くれぐれも気をつけましょう。

まとめ

今回はシミ取り治療中・治療後のケアについてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

シミ治療のアフターケアは、紫外線や摩擦などの刺激を避け、スキンケアをしっかりすることが重要です。

せっかく治療したシミを絶対に再発させないようにするためにも、アフターケアは丁寧に正しい方法で行ってくださいね。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.