脱毛

VIO脱毛、興味あるけどトラブルは怖い?基本的に、普通の脱毛と同じです

VIO脱毛、興味あるけどトラブルは怖い?基本的に、普通の脱毛と同じです

こんにちは。
ウェルネスビューティクリニックです。

ワキ脱毛を経験した人でも、「VIO脱毛は気になるけど怖い…」と、なかなか踏み出せない人が多いようです。

しかし、今、ワキ脱毛に次いで人気なのが「VIO脱毛」なのです。

どうしてそんなに人気なの?
トラブルはないの?

・・・そんな疑問にお答えします。

VIO脱毛とは

VIO脱毛は、

  • V…正面のショーツで隠れる部分
  • I…大陰唇周囲(ナプキンが当たる部分)
  • O…お尻の穴の周り

いわゆるデリケートゾーン周りの脱毛のことを言います。

Vの範囲は、クリニック・サロンによって若干異なります。

特に、サロンで「Vライン」と言うと、ビキニに隠れる部分ではなく、ビキニからはみ出る脚の付け根辺りの部分のみを指すことが多いです。

VIO脱毛が人気の理由

ワキ脱毛と並んで、人気が高いのがVIO脱毛です。

脱毛をすることで、難しい自己処理が楽になることと、衛生面においてのメリットが人気の理由です。

自己処理が大変・難しい

Vラインの自己処理は比較的簡単なのですが、Vラインは皮膚が薄く、毛が濃く密集して生えているため、自己処理をした翌日~2日後には処理あとが目立ってしまいます。

そのため、水着を着る前日に毎回自己処理をしないといけません。

また、IO部分はデリケートな部位なので、慎重に自己処理を行わないといけませんし、鏡を見ながらの作業となるためキレイに処理するのは難しいです。

VIO脱毛をすると、そのような面倒な自己処理が必要なく、いつでも水着になることができます。

衛生的・清潔感がある(生理のときに楽)

ムダ毛がないと、通気性がよくなり、デリケートゾーンを衛生的に保つことができます。
また、最近では、デリケートゾーンに毛がない方が清潔で、将来介助が楽になるからという「介護脱毛」としても話題です。

VIO脱毛のトラブル

そんな人気のVIO脱毛ですが、

  • ヤケド
  • 色素沈着・色素脱失
  • ニキビ・ざ瘡(ざそう)・肝斑(かんぱん)の悪化
  • 埋没毛
  • 毛嚢炎
  • 硬毛化・増毛化
  • 赤み・かゆみ・肌荒れ・乾燥

など、リスクもあります。

しかし、これはVIO脱毛に限ったことではなく、どの部位の脱毛でも起こりうるリスクです。

※これらのトラブルについては、「脱毛の弊害とは?安心安全な脱毛のために知っておきたいデメリット」に詳しくまとめています

VIO脱毛の疑問点と注意点

VIO脱毛の疑問点と注意点

とはいえ、VIO脱毛ならではの気になることも多いことでしょう。
ここでは、疑問点と注意点についてまとめます。

痛みが強そうで不安!

VIOの脱毛は最も痛みが強く出る部位としても知られています。

足が勝手に動いてしまうくらい痛かったとか、思わず叫んでしまったとか、聞いているだけで痛そうなクチコミがたくさんあります。

レーザー(光)で毛根を刺激し脱毛する方法、

  • 熱破壊式の医療レーザー脱毛
  • 光脱毛(IPL脱毛)
  • 光脱毛(SSC脱毛)

の場合は、レーザー(光)が毛のメラニン(黒色)に反応するため、濃く太い毛が密集して生えているVIOは特に痛みを感じやすく、しかも、皮膚が薄く骨に近いため、刺激が骨にも伝わり、痛みが増幅するのです。

痛みが少ない脱毛方法もある!

しかし、今は痛みが少ない脱毛方法もあります。

「SHR脱毛(蓄熱式脱毛)」といってメラニンに直接反応させるものではないため、VIO脱毛でも痛みを感じにくい脱毛方法です。
医療SHR脱毛とエステSHR脱毛があり、医療SHR脱毛は永久脱毛効果のある医療レーザー脱毛です。

関連記事
医療脱毛とサロン脱毛では違う?SHR脱毛(蓄熱式脱毛)の効果とは
医療脱毛とサロン脱毛では違う?SHR脱毛(蓄熱式脱毛)の効果とは

こんにちは。 ビューティウィンド編集部です。 今、インスタグラムで話題の「痛くない脱毛」は、SHR脱毛(蓄熱式脱毛)という脱毛方法です。 クリニックでもサロンでも受けることができるのですが、両者で何か ...

続きを見る

粘膜に近いから不安!

VIOはデリケートな部位なので、「もしも」のトラブルが心配ですよね。

クリニック・サロンによりますが、通常は、粘膜部分を避けてレーザー(光)を照射します。
粘膜のギリギリまで照射してくれるところもあれば、かなり手前で止めるところもあります。

クリニックだと、施術者は医師か看護師のため、IOの扱いも慣れており、しっかり開いてギリギリまで照射してくれるところが多いです。
粘膜に近いからといって過度に不安にならなくても大丈夫です。

生理中はどうするの?

生理中のVIO脱毛は、

  • タンポンを使用すればVIOすべて脱毛可能
  • Vだけであれば可能
  • VIOすべて脱毛不可

と、クリニック・サロンによって大きく異なります。
また、脱毛予約のキャンセルには、キャンセル料がかかるところもあります。

「生理の場合はVIO脱毛のみのキャンセルは無料!でも、ワキ脱毛とセットで予約していた場合はワキ脱毛のキャンセル料はかかる」、「当日のキャンセルは一律〇円」など、各クリニック・サロンによって対応が異なります。

生理不順気味の方は特に、契約前にVIO脱毛キャンセル時の注意事項を確認しておきましょう。

形(デザイン)は選べるの?

Vの形(デザイン)を選ぶこともできますし、全体的に量を減らすだけといった脱毛も可能です。
量を減らす場合でも、その人の毛質・毛量によりますが、最初の2~3回は全体に照射します(2~3回ではツルツルにはなりません)。

後悔する可能性もあるので注意!

脱毛をすると毛が生えてこなくなります。
サロン脱毛ではまた生えてくることもありますが、完全に元通りというわけにはいきません。

もちろんそのために脱毛を受けるのですが、V部分の脱毛には流行もあるため、「やっぱり少し残しておけばよかった…」と後悔する人もいるようです。

すべてを脱毛するか、少し残すか、それとも形を整えるか…脱毛前にしっかり考えておきましょう。

VIO脱毛はよく考えて

VIO脱毛はトラブルを心配する人が多いので、インターネット上にはトラブルに関する記事が多くあります。

しかし実のところ、他の部位よりもトラブルが多いということはありません。
脱毛に関する注意点もリスクも、生理に関すること以外は基本的に他の部位と同じです。

ただ、V部分は、他の部位とは異なりすべてを脱毛するのではなく、量を減らす、形を整える(整える場合はどんな形にするか)など選択肢が多いです。
また、痛みが強く出やすい部位ですので、痛みに弱い方は心配になるかもしれません。

VIO脱毛の場合は、他の部位よりも完了時のイメージをしっかり決めることと、慎重に脱毛方法を選ぶことが大切です。

-脱毛

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.