シミ取り

シミ取り後のかさぶたはどうなる?従来のレーザーとピコレーザーを比較

シミ消しのかさぶたはどうなる?従来のレーザーとピコレーザーを比較

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

レーザーでシミ取りをしたい人は、「レーザー治療後のかさぶたがなるべく早く取れたらいい!」と思うのではないでしょうか。

最近では従来のレーザーよりも効果の高い「ピコレーザー」というレーザーが普及していて、ピコレーザーを使った効果の高い治療を行うクリニックも増えてきています。
「従来レーザーよりも効果が高い」ということで、かさぶたも早く取れるのではないかと期待する人もいるでしょう。

そこで今回はシミ取り後のかさぶたや治療経過について、従来のレーザーとピコレーザーを比較してみました。
かさぶたを早く取りたい人や、ピコレーザーに興味がある人はぜひ参考にしてください。

シミ取り治療後のかさぶたはいつ取れる?

まずはシミ取り治療後のかさぶたが、どのように取れるのかを簡単にご説明します。

レーザー照射後のシミは、軽い炎症を起こしたり、水分を含んだ傷のような状態になったりします。
その後徐々にかさぶたになるのですが、それまでに大体1〜3日程度かかります。

小さいシミなら比較的早めにかさぶたになるのですが、大きめのシミは、かさぶたになるのも少し遅めです。

そしてかさぶたが出来てから大体1週間くらいで、かさぶたが自然と取れていきます。

大き目のシミはかさぶたができるのも遅いので、かさぶたが取れるまでには治療後10日程度かかることもあります。

最新のピコレーザーならかさぶたが取れるのも早い?

ここまでご説明した、シミ取り治療後のかさぶたの経過は、従来のレーザーの場合です。

では最新のピコレーザーならこれよりも早くかさぶたが取れるのでしょうか。

実は残念ながらピコレーザーを使った場合も、かさぶたが出来て、取れるまでの期間はそれほど変わりません。
ピコレーザーの場合でも、かさぶたが取れるまでには1週間程度時間を要してしまうのです。

最新のレーザーで効果が高いのに、かさぶたが取れるまでの期間は変わらないのかと落胆してしまう人もいるでしょう。
しかしピコレーザーを使った場合、治療後の経過は従来のレーザーとは異なる、優れた部分があるのです。

従来のレーザーとピコレーザーの治療後経過の違い

従来のレーザーとピコレーザーの治療後経過の違い

それでは従来のレーザーとピコレーザーについて、治療後の経過がどのように違うのかをご説明していきます。

レーザー照射直後の炎症について

従来のレーザーは、シミの原因であるメラニンを焼き切り、破壊するような方法で、シミを消します。
治療時にはレーザーによる熱が発生し、「痛い」だけではなく「熱い」と感じるでしょう。

シミを焼くため、治療直後の患部は炎症を起こし、赤くなった状態です。

一方ピコレーザーの場合は、熱ではなく衝撃波でメラニンを破壊します。
「破壊」というよりも「粉砕」というイメージに近いのですが、熱が発生せず痛みも少ないため、炎症が起こりにくいです。

ピコレーザーは炎症後色素沈着が起こりにくい

レーザーによるシミ取り治療には、炎症後色素沈着のリスクがあります。
これはレーザーを照射した部分の炎症が原因で、シミが取れても色素沈着が残ってしまう現象を言います。

炎症後色素沈着が起こるかどうかは、治療後の患部の扱いや、体質にもよるので、必ず発生するものではありません。

従来のレーザーでもピコレーザーでも、炎症後色素沈着のリスクはあります。
しかしピコレーザーによるシミ取り治療は、従来のレーザーに比べて炎症を起こしにくいため、炎症後色素沈着も起こりにくいのです。

そのためピコレーザーで治療をした場合、かさぶたが取れたあとは、綺麗な状態になる確率が従来のレーザーよりも高いと言えます。

ピコレーザーはかさぶたにならないことも・・・

ピコレーザーは炎症を起こしづらいというのは、ここまでご説明したとおりですが、炎症を起こしづらいということは、それだけ傷もできづらいということです。

つまりピコレーザーでシミ取りをした場合、かさぶたができずにシミが消えてしまうこともあります。

大きなシミだとかさぶたができてしまいますが、ごく小さなものなら数日でいつの間にか治療をした跡が見えなくなることもあるのです。

従来レーザーもピコレーザーもダウンタイムはほぼ同じ

レーザーによるシミ取りで面倒なのは「ダウンタイム」と言われる、治療部が回復するまでの期間でしょう。

レーザーによるシミ取りの場合、かさぶたが取れるまでがダウンタイムとされます。
このダウンタイムは従来レーザーもピコレーザーも約1週間程度でほぼ同等です。

炎症が起こりづらいため、ややピコレーザーの方が回復が早いかもしれませんが、それほど変わりません。

関連記事
シミ取り後のダウンタイムはどれくらい?効果を高めるポイントも解説
シミ取り後のダウンタイムはどれくらい?【治療方法別にダウンタイムを解説します】

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。 加齢とともにいつの間にか登場してしまうシミ、本当にイヤですよね。 「市販の化粧品ではなくクリニックで早く確実にシミを消したい!」 と考えている人も多いと思い ...

続きを見る

ピコレーザーは効果が高く治療後の状態が良い

従来レーザーもピコレーザーも、ダウンタイムが変わらないなら、別にどちらでも良いと思う人もいるでしょう。

しかしピコレーザーは治療後の経過が従来レーザーより良いことの他に、シミ取り効果が高いという利点があります。
一度シミ取りをすれば、しっかり消えることが多く、また再発確率も従来のレーザーよりもずっと低いのです。

かさぶたが取れるまでの期間がそれほど変わらないものの、効果が高いことを考えると、ピコレーザーを選ぶメリットは十分でしょう。

※シミ取りのダウンタイムについてはこちらの記事を参考にしてください
シミ取り後のダウンタイムはどれぐらい?【治療方法別に詳しく解説しています】

まとめ

最新のレーザーであるピコレーザーによるシミ取り治療でも、かさぶたが取れるまでの期間はそれほど短縮できません。

しかし確実にシミを消してくれ、再発もしづらいため、シミ取り治療が一度で終わる確率が高いという利点があります。

そうしたメリットも把握しながら、シミ取り治療をするレーザーを選ぶといいでしょう。

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.