シミ取り

シミ取りのレーザー治療後はどうなる?治療後の経過について詳しく解説

シミ取りのレーザー治療後はどうなる?治療後の経過について詳しく解説

こんにちは。ビューティウィンド編集部です。

シミ取りレーザーによるシミ治療を考えている人は、治療後にどのような経過をたどるのか、気になるのではないでしょうか。
特にシミ取りレーザー治療は、治療後にしっかりケアすることが必要なため、自分の生活に合った治療なのかどうか、確認して治療に臨む必要があります。

そこで今回はシミ取りレーザー治療について、治療後どのようになるのか、レーザー照射部の様子や治療後の生活についてご紹介していきます。
シミ取りレーザーによる治療を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

シミ取りレーザーを照射した当日の様子

まずシミ取りレーザー直後の治療部位の様子ですが、直後はその部分が赤くなります。
ヒリヒリした感じもあり、患部を冷やすように指示されることも。

レーザー照射をした日は、患部はとても目立ち、なにか炎症を起こしているように見えるでしょう。
この日は化粧もNGなため、レーザー照射をした後に照射部を隠すこともできません。

ただしアイメイクはOKなこともあるので、事前に確認しておきましょう。

シミ取りレーザー治療後の経過とケア

レーザーによるシミ取りを考えている人は、治療日は学校や仕事の休日にしようと思っている人がほとんどでしょう。

しかしその後どのくらいまで、患部が目立つのかによって、いつ治療を受けるのかが変わってくるはずです。
ここからは、シミ取りレーザー治療後の経過と必要なケアをご紹介します。

レーザーを照射した部分が一時的に濃くなりかさぶたに

レーザー照射翌日から、照射部が濃くなっていることを感じるでしょう。
「シミが濃くなった!」と心配してしまいそうですが、これは正常な反応ですから安心してください。

濃くなった部分は、やがて薄いかさぶたになります。
翌日では、まだかさぶたになっている感じはしないかもしれませんが、この濃くなった部分は必ず取れるものなので、心配いりません。

レーザー照射部に保護テープを貼って過ごす

レーザー照射部は、他の部分の肌と比べてとても弱い状態になっています。
そのため、紫外線や摩擦などの外的刺激を避ける必要があるのです。

ですからレーザー照射部は、クリニックで処方される軟膏などを塗って、その上から保護テープを貼って過ごします。
保護テープは肌色の小さなものですから、それほど目立ちません。

クリニックや個人の要望によっては、医療用のコンシーラーが使われることもあります。
コンシーラーなら保護テープに比べて、患部が目立ちませんが、まだシミがかさぶたになっていない段階ではコンシーラーは使えないので、最初の数日はやはり保護テープを使うことになります。

大体1週間程度でかさぶたが取れる

かさぶたになった患部は、元々のシミの色よりも濃い色をしているため、とても目立ちます。そのことがネックになる人もいるでしょう。

しかしこのかさぶたは、大体1週間程度で取れ、その下からは綺麗な肌が出てきます。
つまりレーザー照射後1週間くらいは、保護テープやコンシーラーを使って、患部を保護し、目立たないようにする必要があります。

学生さんなら長期休暇の最初の方にレーザー治療をすれば、あまり人に会わずにシミ取りが完了できるでしょう。
社会人でも、なるべく長い休みがあるときに治療を行えば、何日も保護テープを貼っているのを見られずにすみます。

シミ取りレーザー照射後の生活について

シミ消しレーザー照射後の生活について

シミ取りレーザー照射後は、保護テープを貼るだけではなく、生活上気をつけなければならないこともあります。
医師の指示に従うべきですが、ここではシミ取りレーザー照射後の生活について、基本的な部分をご説明します。

化粧は保護テープを貼った状態で

女性が気になるのは、レーザー照射後に化粧をしてもいいかどうかでしょう。

結論としては、保護テープを貼った上からなら、化粧をしても構いません。
患部に化粧が触れないようにすれば、問題ないのです。

もし医療用コンシーラーを使う場合は、必ずコンシーラーの使用上の注意を確認しましょう。
ファンデーションを塗る順番は、ファンデーションやコンシーラーの種類によります。

洗顔は保護テープなしでもOK

洗顔は保護テープなしで行います。患部も洗って構いません。

ただし患部をこすったりしないように、気をつけてください。
患部を刺激しすぎると、無理にかさぶたが取れてしまったり、刺激されて炎症を起こしたりすることもあります。

かさぶたが取れたあとも炎症後色素沈着が残ることも

肌質によっては、丁寧なケアを行なっていてもかさぶたが取れたあとに、炎症後色素沈着が残ってしまう場合もあります。

この色素沈着は数ヶ月もすれば消えてなくなりますし、元々のシミよりは気にならない色であることがほとんどです。

なるべく炎症後色素沈着を起こさないためにも、患部のケアはしっかりとし、紫外線だけではなく、摩擦などの外的刺激を与えないようにしてください。

患部の炎症やダメージが大きくなればなるほど、炎症後色素沈着が起こりやすくなります。

まとめ

シミ取りレーザー治療後は、大体1週間程度でシミ部分が目立たなくなります。

その間も、保護テープや場合によっては医療用コンシーラーを使って患部を隠せるため、シミ取りした部分が目立ちすぎることを、過度に心配する必要はありません。

それでも気になる人は、ダウンタイムのない光治療を検討したり、なるべく医療用コンシーラーを使って患部を保護できるように相談してみたりしましょう。

なるべく人目に触れないようにしっかりスケジュールを組むのもおすすめです。

※シミ取りのダウンタイムについてはこちらの記事を参考にしてください
シミ取り後のダウンタイムはどれぐらい?【治療方法別に詳しく解説しています】

-シミ取り

Copyright© beauty wind , 2020 All Rights Reserved.